2013年08月28日

道ばたの幼樹

ますます風が涼しくなりました。日差しは変わらず強いけれど、部屋にいれば
快適。やっぱり湿度が低いって過ごしやすいんですよね。 虫の声もだいぶ秋
らしくなってきました。あんなに暑かった夏の後ろ姿がちらちらしてきました。

さて、記事の方は今日から8/18に隣町で撮ってきた写真から。

13_0828_kobusi.jpg

道ばたの空き地にこんもり茂った小さなコブシ。







2010/ 4/ 3付 「モクレン属の花たち」


10m以上に育つ木でも最初は小さな双葉から。そして幼樹になって若い木に
なるんですよね。

13_0828_zokibayasi.jpg

いっぱい並んだ小さな木。何が並んでいるのかな?



↑ 画面左下は↓アオギリの幼樹。

13_0828_aogiri.jpg

大きな葉っぱです。

↑ 画面上部の中程には↓アカメガシワ。

13_0828_akame_g.jpg

葉っぱの柄が赤くって、芽が赤かった頃の名残がありますね。

↑ 右にはナンキンハゼ↓。

13_0828_nankinhaze.jpg

菱形っぽい葉っぱが重なるように茂っています。

2013/ 7/30付 「アオギリ咲いた」
2013/ 7/ 9付 「アカメガシワの花」
2011/ 7/18付 「アオギリと南京ハゼ」

草たちの波に埋もれちゃいそうな小さな木。この幼樹のうち何本が大木まで
育てるのかな?



お盆休み、高速道路からこんな木が茂っているのを見ませんでしたか。

13_0828_sinju1.jpg

真夏にお花が咲く木は少ないけれど、こんなお花、図鑑には載ってないでしょう。
それもそのはず、これ、お花じゃないんです。

13_0828_sinju2.jpg

この木はニワウルシ。ウルシ似の大きな羽状複葉ですが、名ばかりのそっくり
さんで、ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木。別名はシンジュ(神樹)。
英名では「Tree of heaven:天国の木]と言うらしいです。

2010/ 6/27付 「アカメガシワなど」

でも、旺盛すぎる繁殖力が怖いくらい。あっちこっちで増えすぎです。(-"-;)



あんまりお花が咲いていないから、ちょこっとだけいつもと違う道を歩いて
みました。

13_0828_fuyo1.jpg

そしたらふわっと咲いてるフヨウを見つけちゃいました。

13_0828_fuyo2.jpg


いいなあ、この淡いピンク。
スイフヨウかな?ちがうかな?



ちっちゃい木から旺盛な木を見たあとは、公園でも、一二を争う大木に会い
ましょう。大きな大きなモミジバスズカケ。

13_0828_platanus1.jpg

そのぶっとい幹に寄りかかるとなんか安心します。

2006/ 4/20付 「モミジバスズカケノキの芽」

大きな傘の下に居るみたいでいい景色。

13_0828_platanus2.jpg

細々したことで毎日慌ただしく過ごしているんですが、たまには大きなものを
見て気分だけでもおおらかになりますよね。

ちっちゃな木はたくさん芽を出すけれど、大木になれる木はほんの一握り。
こんなに大きくなるにはどれだけの幸運に恵まれたのかな?



次は草の花。




ブログ内関連ページ:

2010/ 4/ 3付 「モクレン属の花たち」
2013/ 7/30付 「アオギリ咲いた」
2013/ 7/ 9付 「アカメガシワの花」
2011/ 7/18付 「アオギリと南京ハゼ」
2010/ 6/27付 「アカメガシワなど」
2006/ 4/20付 「モミジバスズカケノキの芽」




posted by はもよう at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。