2007年03月30日

実家の庭の花

花は咲くし木の芽は吹くし、見に行きたいけど難しいですね。
コンピューターの前に座る時間もなくて、記事を書けない日が続いています。

きのう29日には、都内にある私の実家へ行ってきました。
届け物をしたり、お祝いしてもらったり、お墓参りしたり…
盛りだくさんでした。

コレは途中、都会の公園で撮った写真。汗ばむようなお天気でした。
新しい高層ビルに古い公園の桜。新旧そろい踏みは都会の常ですね。

07_0330_sakura.jpg

さすがに、20日に開花が宣言されただけあって、ほぼ満開でした。

この後、今日の写真は実家の庭の花です。珍しいものはありませんが、
みんな父と母が 丹精して咲かせたものです。



ピンクの花はカリン。

07_0330_karin.jpg

ゴツゴツの酸っぱい実が実るんだけど、お花は小振りで可愛いです。
10〜20輪ほど咲いてました。


ツバキの仲間は数本有るのですが、シーズンの終わりの方に咲くのは、
濃い色の小振りな花の「紺侘び助」。

07_0330_kon_wabiske.jpg

普段見慣れたツバキより、一回りも二回りも小さいけれど、
しべまで染まるような 花びらの濃い色合いが 
とっても粋な花でしたよ。


別名の多いオオアラセイトウ(大紫羅欄花)。

07_0330_shokasai.jpg

ショカッサイ(諸葛菜)、ハナダイコン(花大根)、ムラサキハナナ(紫花菜)
紫金草(シキンソウ)…くらいまでは図鑑にも紹介されていますが、
祖母が初めて種をもらってきたときに聞いてきた名前は「紫大根花」でした。

最初、珍しがって大事に育てていたのに、あっという間に庭中に広がっちゃって、
あまりの繁殖力に、苦笑いしてたな…なんて思い出のある花です。
今年もいっぱい咲いてました。(^^)



スノーフレークも今が盛りですよね。

07_0330_snowflake1.jpg

スズランのような花びらに緑の模様が可愛いくて爽やか。

うっかりものが 上を向いて咲いていました。
うつむいてばかりで よく見えなかったお花の構造がよくわかります。

07_0330_snowflake2.jpg

黄色いおしべが6本、めしべの先にも緑色のポイントが付いてます。
違う花みたいですね。



ここにも咲いていたのが、タチツボスミレ。
我が家の近くでは自生ですが、コレは植木鉢に種を蒔いたもの。

07_0330_tatitubo_s1.jpg

まぁ、翌年の種蒔き担当はアリさんですから、最初に種を蒔いた鉢から
芽を出すとは限らないんですけどね。

07_0330_tatitubo_s2.jpg

タチツボさんは、山手線の線路わきでも元気に咲いてましたから、
思いのほか 都会派なのかもしれません。
横顔のうなじ(距)あたりが すんなり優しげで美人さんですよね。



もう咲いてるの?と驚いたのが、この、シャガ。

07_0330_shaga.jpg

何となく、初夏の花って言うイメージが染みついていて、
毎年、春に会うたび 驚いてしまいます。(^^;)
アヤメの仲間らしい 複雑なつくりの花。奇麗ですよね。



私の実家があるのは、東京の下町です。
どこまでもどこまでも家や町工場が建ち並び、
いわゆる「自然」というものとは 縁の遠い土地柄でした。

そのせいか、町の人たちはみんな木や花が好きで、
植木鉢やプランターでなくても、
バケツやトロ箱でも 何でも使って花を育てています。

私にとってのふるさとの景色は、
唱歌や童謡に歌われるようなものではなくて、
そんな下町の モルタルの壁とトタン屋根とトロ箱の花なんですよね。
久しぶりに懐かしい景色の中で(短い時間でしたが)のんびりしてきました。
両親が元気なうちは、こまめに顔を出したいと思っています。


posted by はもよう at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も東京の下町育ちですが、駅前商店街のすぐ裏手の住宅街で、近くにお寺や神社や原っぱなど遊び場には事欠かない環境でした。小さな庭はありましたが、食うのに精一杯の時代で草花には関心はありませんでしたね。
はもようさんの花好きはご両親譲りなのですね。
Posted by ひろし at 2007年03月31日 22:52
こんばんは。

下町の花たち・・・何となく分かりそうです。田舎にない味わいがあります。

カリンの花がかわいいですね。
Posted by nakamura at 2007年04月01日 00:00
ひろしさん、こんにちは。
まぁ、ひろしさんも下町育ちですか?近所かな?(^^)
家はいっぱい建っていても、それなりに遊び場がありましたよね。
私も神社や原っぱでよく遊びました。
で、大きくなってから改めて訪ねてみると、ものすごく狭い場所で驚いたり…(^^;)。

我が実家の庭も小さいものですが、
花にまつわる思い出は祖母に関わるものが多いです。
うちの両親も生活を支えるのに忙しく、花どころではなかったですから。
今頃になってみんなで 祖母の残した花を眺めて、
守っているような感じです。
Posted by はもよう at 2007年04月01日 13:53
nakamuraさん、こんにちは。
そう、どことなく違うんですよ、下町の花は。
山里の庭の花とも、郊外のガーデニング好きのお宅のとも。

カリンの花って、本当に可愛いですよね。(^^)
Posted by はもよう at 2007年04月01日 13:57
高層ビルの麓?に咲くソメイヨシノ、さすが東京!らしい写真が撮れましたね。(^_-)-☆
「カリン」の花、実家でも咲いています。
ホントに可愛いピンクの花ですよね。
結構、高い位置に咲いているので、なかなかいい写真が撮れません。(>_<)
「シャガ」ももう咲いています。
オレンジとブルーで反対色の対比が素敵だといつも思います。(#^.^#)
Posted by winc at 2007年04月03日 03:49
ああっと、スノーフレークに似たこの花、昨日図鑑にあったんだけど…。
Posted by ディック at 2007年04月03日 22:03
wincさん、こんばんは。
へへっ、高層ビルも、もっと都心とかなら珍しくも何ともないんですけど、
実家の方ではちょっと珍しいので写真に撮ってみました(^^*)。

カリンの花ってほんと可愛いですよね。
実になると、あんなにデカくてゴツいのにね。
実家の木はあんまり大きくないので接写できました。
wincさんちの方の木は立派な木なのかしら?

シャガを見て、涼しげな配色が好ましく思えたら、
もうすぐ夏ですね。(^^)
Posted by はもよう at 2007年04月03日 22:52
ええっ?なんていう花だろう?
ディックさん、わかったら教えてくださいね。(^^)
Posted by はもよう at 2007年04月03日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。