2013年08月16日

フェンスのアサガオ

今日ももちろん暑かったです。でも、セミの声にカナカナやツクツクボウシが
混ざってきたし、日暮れが早まって、夕方がちょっと過ごしやすく…ちょっとね…
なってきたし、秋がちょっとずつ近づいて…ああ、早くおいで〜(^^A)。

さて、今日の記事もアサガオです。8/10、ゴンズイのある雑木林の前のフェンス。
1つ前の記事でご紹介した、生粋の雑草とはまたちょっとちがって、もと園芸種。

13_0816_maruba_a1.jpg

いや、あんまり花色が多いから今も園芸種かもしれない アサガオを見ていただき
ましょう。





一応ね、マルバアサガオって言うのだと思うんですよ。

13_0816_maruba_a2.jpg

1つ前の記事の アメリカアサガオと比べるとこんな感じ。

13_0816_maruba_a3.jpg

ちょっと大きいんです。直径3〜4cmくらい。

で、色はいろいろ、濃いめの紫や、赤紫なんかが多いかな。

13_0816_maruba_a4.jpg

真ん中に星のように色の違うところがあって、


13_0816_maruba_a5.jpg

出はじめのつぼみと出来たての実が、下を向く。

花の頃になっちゃうと上を向くから解りにくいかな。

13_0816_maruba_a6.jpg

でも、アメリカアサガオほど、ガク(萼)は猛烈に毛深いってわけじゃない。


今度は、もうちょっと、従来型のアサガオとの比較。

右の葉っぱと真ん中の小さい花がマルバアサガオ。

13_0816_asagao1.jpg

左の白い縁取りの方が、従来型に…

う〜ん…似てますよね。(ちょっと微妙かな?)、

園芸種って、どんどん交配してなんだか分かんなくなっちゃうから、だんだん
自信がなくなってきちゃう。

13_0816_asagao2.jpg

見慣れたアサガオ…小学校で育てたの…より、細身だなあ。




最後はマルバルコウソウ。
マルバばっかりでごめんなさい。本当に、もう少し名前の付け方に工夫が欲しい
ですよね(^^;)。

13_0815_m_rukoso.jpg

園芸種のルコウソウは羽のように細かく裂けた葉っぱだけれど、
これは生きる力が旺盛だったのかなあ?同じように園芸種として入ってきたはず
なのに、すっかり野生化し放題。お花はほとんど一緒なのにね。


連日の猛暑に、世間はお盆休みでもこちらは通常営業。
やっとこたどり着いた週末はのんびり過ごしたいな。どうなるかな?

今日は夜風がちょっぴり涼しいです。寝冷えしないように気を付けましょうね。





posted by はもよう at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。