2013年08月02日

夏 公園の花

今日も結局は晴れたけれど、朝は雲が多くて、今にも雨が降りそうでした。
気温もさほど上がらなかったので、過ごしにくくはなかったけれど…。
まあ、そんな感じのはっきりしないお天気でした。週末はお天気良いと良い
んだけれど。

さて、記事は前回と同じ、7/20のいつもおさんぽしている公園で撮ってきた
写真から。いつもの公園だから、出会うのもいつもの顔ぶれ。

13_0802_s_guaranitica.jpg

最初に‘メドーセージ’って紹介されちゃったから、なかなか本当の名前を
覚えられないけれど、本名はサルビア・グラティニカ。濃い紫の花です。






丈夫で良く育つのかな? あっちこっちで見ますよね。

こちらもよく見るオレンジのやつ。

13_0802_montbretia.jpg

こちらも覚えにくい名前です。モントブレチア、和名はヒメヒオウギズイセン。
暑さが似合う濃いオレンジ色。丈夫すぎて野生化しかねません。花だんに植えた
方は逃げ出さないように気を付けて管理してくださいね。



いつもの公園で 先月眺めたハンゲショウ。

13_0802_hangesho.jpg

真っ白かったお花のそばの葉っぱが、だんだんくすんできました。
今月のうちに、これ、すっかり緑になっちゃいますよ。



よそでも見たけど、ここでも咲いています。
毎年見ていた場所には今年は芽を出さなかったけれど、別の場所で咲いてました。

13_0802_oniyuri1.jpg

オレンジ色のオニユリの花。

ススキのひと群れと大きな桜の木の根元で、ちょっと倒れそうでしたけど。



公園の植え込みにからんでいました、ヤマノイモのつると花。

13_0802_yamanoimo1.jpg

細長いハート型の葉っぱ。

涼しげな白い花。

13_0802_yamanoimo2.jpg

これがヤマノイモです。地面の下には、大きな自然薯が育っているかも(^m^)。



池のほとりにも、野草のおなじみさんが咲いています。

13_0802_k_matuba_n1.jpg

か細い茎に小さな黄色い花。午後の限られた時間しか咲かないお花です。

13_0802_k_matuba_n2.jpg

こちらは日本では珍しいアマ科の帰化植物、キバナノマツバニンジンです。


もう一種のおなじみさんはまだつぼみ。

13_0802_k_otogiri.jpg

何かあるとすぐに真っ赤になっちゃうけれど、これは黄色いお花が咲く
コケオトギリです。




いつもの公園からの帰り道、近所の花だんでまっすぐ立ったオニユリを見つけ
ました。

13_0802_oniyuri2.jpg

まだあんまり大株にはなっていないけれど、オレンジ色のお花はチャーミング。




さて、週末です。
次の記事も園芸種かな?




posted by はもよう at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。