2013年07月31日

カナヘビと7月の虫

今日は、若干晴れた時間もあったけれど、大体曇って蒸し暑かったです、うちの方。
蒸し暑いのは辛いから、いい加減すっきり晴れて欲しいです。
今日で7月も終わりと言うことで、HPの「季節のごあいさつ」を8月のものに
変えておきました。今度は羊歯の葉です。ちょっとでも涼しさを味わっていただき
たくて。それから、ブログの右サイドバーで育てていたグリムスの木がまた大人の
木になりました。記念すべき10本目、今までにないへんてこな木で大満足です。
これでまた一本の苗木が、地球のどこかに植えられるはず。どこかな〜?

さて、記事の方も、7月の総決算。草木の観察中に見かけた虫やカナヘビを
ご紹介します。

13_0731_abura_z.jpg

グロテスクなものはないけれど、苦手だったらごめんなさい。





7/13、いつもおさんぽしている公園を通り抜けた先の雑木林。
フェンス前に可愛い陰。

13_0731_kanahebi1.jpg

あさはやくて、まだ敏捷に動けないのかな、そっと近づいてパチリ。

ほら、つぶらな瞳が光っているのまで写ったよ。

13_0731_kanahebi2.jpg

可愛いなあ。
これで今年はヤモリとトカゲとカナヘビを写真に撮れました。嬉しいな。



7/15、お気に入りの観察スポット、隣町の「北向きの斜面」。
葉っぱの上にいるのはスマートなアイドル、アシグロツユムシの幼虫ちゃんです。

13_0731_asiguro_t1.jpg

足も触角も長くて、ビーズ細工みたいな奇麗な虫さんです。

13_0731_asiguro_t2.jpg

こんなか細い体に生まれるって、どんな気分かしら?



7/19、この日はちょこっと河原へ。思うものには出会えなかったけれど、
ちっちゃなカマキリと

13_0731_kamakiri.jpg

ゴマダラカミキリに出会いました。

13_0731_gomadara_k.jpg

つかまっているのはナンテンハギの葉っぱ。
そう、ナンテンハギ、今年も出てるかな?って、確かめに来たのでした。



7/20のいつもおさんぽしている公園。やっと見つけました。今年初めての
ニイニイゼミの脱け殻。鳴き声はずいぶん前から聞いていたんですけどね。

13_0731_niinii_z.jpg

相変わらず、空っぽのくせにうるうるおめめだなあ。



公園の池にはいろんなトンボたちが、そこいら中で空中戦を繰り広げて居るん
だけれど、飛んでるトンボは私のカメラじゃ捕まりません。

でも、ひと夏に1回くらい、素敵なチャンスが巡ってきます。
ほら、めったに止まってくれないコシアキトンボがフトイの先に止まってる。

13_0731_kosiaki_t1.jpg

精一杯の望遠でパチリ。

家に帰ってドッキドキで確認。

わっ、ちゃんと撮れてる ♪

13_0731_kosiaki_t2.jpg

腰の白さが目にしみちゃうから、これはオスかな?
メスはもっと黄色いそうだから。

大人になって身に付いたこと。
チャンスを待つ根気とあきらめないしつこさ。(^m^)

ちょっとやそっとの失敗や不運にはくじけないで復活する雑草たちをいつも見て
いるからね。



次の記事からはたぶん…コシアキトンボを撮った7/20のおさんぽの写真です。




posted by はもよう at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370775999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。