2013年07月27日

マユミの若い実

今日は?、今日も?、良く晴れて大気が不安定です、うちの方。蒸し暑くてくらくら
します。今夜は町内会のお祭り。私も数年ぶりのお当番で、模擬店(わたあめ屋さん)を
お手伝い。雨雲の様子が気になってネットで天気予報をチェックするのですが、
雨雲の直撃を受けそうで心配です(^^;)。

取り急ぎ、今日の記事は7/13にいつもおさんぽしている公園の向こう側の雑木林で
撮ってきた写真の残りをいろいろ並べてみます。

まずは猫の額ほどの緑地にいっぱい咲いてたマユミの花が、四角い若い実になりました。

13_0727_mayumi.jpg

ゲスト出演はニシキギ科の実が大好きなキバラヘリカメムシの幼虫ちゃん。
どっちも可愛い。






まずは、私にとって、ここでしかあえないゴンズイの実の様子をチェック。

13_0727_gonzui.jpg

地味なお花から、ラグビーボールみたいな形に変わりました。
秋までにまっ赤になって、黒いタネを吐き出します。



お隣はサンショウ。

13_0727_sansho.jpg

小粒でもぴりりと辛い実がぼちぼち赤くなってきました。



若い実と言えば、こちらも。

13_0727_akame_g.jpg

アカメガシワの実です。
柔らかいトゲトゲに囲まれています。



雑木林を囲ったフェンスの下には誰かが育てている勝手花だんがあり、
この日は朝だというのに、昨夜咲いたオシロイバナが、まだ、しぼまずに残ってました。

13_0727_osiroi_b1.jpg

細かいしぼり柄とか、

大胆な染め分け柄とかありますが、

13_0727_osiroi_b2.jpg

こんなに奇麗なのに、これがガク(萼)だって聞いてびっくりしたこともありましたっけ。



フェンスの奥をのぞき込んで、ああ、しまったと思ったのはテリハノイバラのお花が
終わっちゃってたってこと。

13_0727_teriha_n.jpg

楽しみにしてたのに〜。残念、また来年見に来よう。



かわりにマンネングサがカーペットのように広がって、黄色いお花を咲かせていたのを
撮ってみました。

13_0727_mannen_g.jpg

何マンネングサかな?ちっちゃいの。



すぐそばのヤブには赤い点々が見えました。

13_0727_nawasito_i1.jpg

まだ、赤いナワシロイチゴの実ですね。

13_0727_nawasito_i2.jpg

苗代の季節はとっくに過ぎているのに、頑張るなあ…と、おもったら、

13_0727_nawasito_i3.jpg

まだ、ピンクのお花も咲いています。う〜ん、頑張るなあ。



雑木林の端っこの明るい林床にはいろんな葉っぱが並びます。
それぞれの工夫と努力で、厳しい野生の世界で命をつないでいます。
頑張るなあ。私も頑張らなくっちゃ。p(^へ^)この葉っぱたちを見ていると
私も元気をもらえるんですよ。




次の記事は、夏、一番華やかなあのお花。今年もたっぷり撮ってきましたよ。






posted by はもよう at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。