2013年07月25日

アオツヅラフジのめばな

今日もなんだかはっきりしないお天気でした、うちの方。暑さはちゃんと戻ってきた
けれど、日差しは少なく、朝のうちは霧のような雨が降っていました。明日はすっきり
晴れるのかな?

さて、記事の方は7/11、近所の公園をスロージョギングして、ちょこっと足を伸ばして
公園を抜けた先にある、雑木林を見に行ってきたときの写真から。

途中、道沿いに長くフェンスが続くんですよね。そこにからんでいたのは…

13_0725_a_tudura_f1.jpg

びっしりのアオツヅラフジ。秋に青い実を付けるつる性植物です。





早いなあ、もう若い実が出来ているし、一部ほんのり色付き始めています。

13_0725_a_tudura_f2.jpg

7/12の記事で ↓、おばなはご紹介してあるから、今度はめばなをねらいたいなあ。

2013/ 7/12付 「ヒルガオの花」


こんなに実が付いている株なら、絶対めばなが咲いていますよね。
探してみよう。どれどれ〜。


13_0725_a_tudura_f3.jpg
ひゅっと伸びたつるの先。

風で揺れないように気を付けつつ、カメラを近づけます。

13_0725_a_tudura_f4.jpg

解ります?
お花の真ん中、粒々した実の元(子房)が6つ。

13_0725_a_tudura_f5.jpg

アレが大きくなって、コロコロの可愛い実になるんだなあ。

ほら、こんな風に?

13_0725_a_tudura_f6.jpg

アオツヅラフジは、株ごとに結構、葉の形が違って素人には迷う元になっていますが、
この時期は間違い無しのお花が咲いています。

奇麗に色付いた実だって、秋らし〜い良い風情ですよ。
今のうちに見つけ出して目星を付けておきましょうよ。



さて、同じフェンス仲間は…言わずとしれたサオトメバナ。

13_0725_saotome_b.jpg

この花の咲いていないフェンスを探す方が難しいかもねえ(^m^)。


フェンスの奥をのぞき込むと、雑木林の木々の根元には、アオツヅラフジと…

13_0725_t_umemodoki.jpg

ツルウメモドキ かな? 粒々した実が見えます。



上の方には白いお花がしぼんでいます。カラスウリですね。

13_0725_karasu_u.jpg

夜、ここを通れば奇麗なレースのようなお花が見られるのかもしれませんが、
残念、レースのご衣装はきれいにたたまれてつぼみの中です。
ちょっとはあやかりたいその几帳面ぶり。いやあ、真似できないなあ。←こらこら。



毎年、野生の朝顔を見るのも楽しみのうちなのですが、まだやっと1つか2つ
咲き始めたところ。

13_0725_m_asagao.jpg

フェンスいっぱいにお花が咲くのは8月になってからかもねえ。
また見に来よう。

13_0725_turukusa.jpg

マルバアサガオ、マルバアメリカアサガオ、マルバルコウソウ、
いろんなつる草のいろんな葉っぱが並ぶ フェンス下。
また見に来よう。



おさんぽはつづきます。もう一足伸ばして、さらにその先へ。
猫の額ほど残された雑木林で、初見のお花に会っちゃいました。

今まではたまにしか見られなかったものが、たわわに咲いてました。
たわわは実だろうと言いたくなるでしょうが、ついついあとで実ることを思うと
嬉しくてニヤニヤが止まりません。次回の記事でご紹介しましょう。
良かったらまた、おつきあいくださいませ。






posted by はもよう at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。