2013年07月09日

アカメガシワの花

今日もとっても暑かったけれど、夕立は降りませんでした。う〜ん、空気が
冷める機会無いまま熱帯夜に突入します。今夜も寝苦しいですね、きっと。

さて、記事の方は6/22にまた、隣町へ行って撮ってきた写真を数回に分けて
ご紹介します。

13_0709_akame_g1.jpg

公園へ行く途中の道端で見かけたアカメガシワの花。




薄い黄色のポンポンみたいな形はアカメガシワのおばなです。

13_0709_akame_g2.jpg

赤かった若葉に、まだその名残が残ってますね。

こちらはめばな咲くメスの株。

13_0709_akame_g3.jpg

柱頭3本だけの簡単な造りのめばなが穂にいっぱい並びます。

図鑑には 柱頭が赤いお花の写真が載っていましたが、うちの近所で見かける
アカメガシワは、みんな黄色のめばなばかりです。

13_0709_akame_g4.jpg

お花の季節が終わると柔らかいトゲトゲの実になります。
熟して弾けると中から黒いタネがいっぱいこぼれでてきます。

荒れ地好きの先駆植物。あたりが木や草でいっぱいになって環境が安定すると
いつの間にか姿を消しちゃう風来坊です。



隣町へ行く途中と言えば忘れちゃいけないアオギリ。

13_0709_aogiri.jpg

6/22の段階ではまだこのくらい。
ああ、もうそろそろ咲いているかな? 見に行きたいなあ。



そういえば、5/26のおさんぽで、ヤマウコギが生えていたことに初めて気づいて、
写真もご紹介しましたが、

2013/ 6/21付 「定家葛と山ウコギ」

そういえば、他の場所でよく似た別の葉っぱも見たぞと思って、撮ってきました。

13_0709_o_ukogi.jpg

ヤマウコギを検索中に「オカウコギ」って言う、一回り小さめの種類もあるって
知ったんですが、これ、そのオカウコギじゃないかな?

ヤマウコギも近づけない場所に生えていたんですが、こちらも近づきにくい場所で、
これしか撮れないし、次に行ったら、草刈り隊に刈られちゃって影も形もなくなって
いたんですが、毎年この辺に生えて、毎年このくらいまで茂って、あと、他の緑に
紛れて解らなくなっちゃうんですよ。

これ、オカウコギだったら、また、不明植物の名前が一つ解明されちゃうんで
嬉しいんだけどどうかなあ?


で、観察しきれた感の薄いヤマウコギもさらにもうちょっと。

13_0709_y_ukogi1.jpg

イイ感じの掌状葉です…が、やっぱり、鋸歯とか葉裏の毛とかは撮れません。

つる性じゃなくて株立ちしているもねらったけれど、う〜ん、遠い。

13_0709_y_ukogi2.jpg

まあ、あせらず、また、チャンスを待ちます。



6/22のおさんぽ写真、まだまだあるんで、しばらくお付き合い下さい。
今度は、それこそ何年か越しにばっちり撮れた 私にとってはスクープ写真を
見てくださいね(^m^)。←おおげさ




posted by はもよう at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。