2013年06月14日

金ぴかの虫3種

昨日に引き続いて雨の朝になりました。昨日と同じ雨靴はいて、昨日より気合いを
入れて長傘持って出掛けましたよ、今日のわたくし。そして午前中、雨が小降りに
なった隙に、急いで屋外の用事を片付けましたよ。でも用事が済んだ頃から
ちょっとずつ、陽が差したりするじゃありませんか(-"-;)。雨靴が恥ずかしいよな
青空の下、長傘邪魔にしつつ帰って参りましたよ。参ったな。明日はどんなお天気
でしょね。

さて、虫の嫌いな方にはごめんなさい、今日の記事は虫ばっかりです。
でも、しかたないですよね、お花を撮っていると虫が目に入っちゃうんですもの。

13_0614_gamazumi.jpg

満開のガマズミにだって(^m^)。






たくさんの虫。ハナムグリの仲間らしいんですが、今まで見かけたのと背中の模様が
違うのが入っています。

13_0614_kuro_hanamugu.jpg

クロハナムグリって言うらしいです。へ〜、おしゃれだね。



北向きの斜面に目立ってきた草の葉にも、ちっちゃい虫。

13_0614_simasasigame1.jpg

シマサシガメの仔…で良いのかな?お食事中ですよ。

定点観察していると、昆虫がちょっとずつ成長していくのを眺める楽しみも出てきます。

13_0614_simasasigame2.jpg

今度会うときにはもっと大きくなっているかな?



さてさて、金ぴか虫ですわ。
5月半ばがシーズンなのですが、見られるのは一年の中でも限られた季節で、
限られた植物の葉っぱの裏でしか会えません。

今回は、体の小さい順にご紹介。
まずは、葉っぱを広げたばかりのイノコズチ。
日陰に生えていたから、たぶん、ヒカゲイノコズチ。細い花の穂が あとでひっつき虫に
なるありふれた道ばたの草です。

このイノコヅチが花の穂を出す前、広げたての葉っぱに早くも虫食いの穴がぽつぽつ
あいていたら、チャンスです。

…って言うか、今年も、探す前に出くわしました(^^A)。

13_0614_inokoduti_k1.jpg

はい、イノコズチカメノコハムシです。ちっちゃいです。体長6mm。ピアスくらい?

拡大します。

13_0614_inokoduti_k2.jpg

若干、背中はデコボコしていますが、色は金色でしょ。

もうちょっと拡大します。

13_0614_inokoduti_k3.jpg

虫なんですよね。不思議だけれど。



これで気をよくして、お仲間を捜しました。次のターゲットはムラサキシキブの葉っぱに
止まってます。
つぼみの準備を進めているムラサキシキブ。

13_0614_i_kamenoko_h1.jpg

やっぱり、葉っぱにぽつぽつ穴が開いている木にねらいをしぼります。

ほら、いた。

13_0614_i_kamenoko_h2.jpg

今回は葉の裏に潜んでいないで、表に出ているのにばっかり出会います。

さっきのよりもうちょっと大きいし、奇麗でしょ。体長9mmくらいです。金ボタン?

13_0614_i_kamenoko_h3.jpg

こんなに金ぴかで、しかも羽の端がプラスチックみたいに透明な虫なんてほんとに居るの?
図鑑で見たときには、信じられなかったですね。

13_0614_i_kamenoko_h4.jpg

でも、毎年追いかけているので、今はもう顔なじみの気分です。
ゾウムシみたいにぽろっと落ちちゃうでなし、逃げ足も速くないので写真に撮りやすいのも
有り難い。



さて、さて、こうなったら、一番会いにくい虫さんにだって会えそうです。

次のターゲットはヒルガオの葉っぱの裏にいます。
可愛いピンクの野生の朝顔、昼顔の花。今咲いているのはだいたいコヒルガオですね。

13_0614_k_hirugao1.jpg

やっぱり、ぽつぽつ穴が開いている葉っぱを探して…

13_0614_k_hirugao2.jpg

2年連続、同じ場所で運試し!



そっとめくったら?

居ちゃった (^m^)〜♪

また、居た。しかも今度は背中まで金ぴか。

13_0614_jingasa_h1.jpg

どうです、このゴージャス感。

今までの2種類は、まあ、見方によっては黄土色じゃんって言われてもしかたない
羽の色でしたよ、でもね、これは違う。
紛うかたなき、金色!! しかもつるっつるのぴっかぴか。

13_0614_jingasa_h2.jpg

羽の透明感も半端ないし、このままボタンにしても良いくらいのクオリティーでしょ。
こんな虫が、結構、身近なヤブに暮らして居るんですよ。

戦場で武将がかぶった陣笠に例えて、ジンガサハムシと言います。

13_0614_jingasa_h3.jpg

ヒルガオの仲間の葉っぱがお気に入り。葉の裏にじっと潜んでいます。
幼虫もサナギもちょっとばかりユニークですが、成虫のこの奇麗さにはかないません。

13_0614_jingasa_h4.jpg

今年も会えました。図鑑で見ただけでは信じられないビジュアルのジンガサハムシ。
去年の金×黒バージョンに引き続き、今年は金×金の金ぴかバージョンを撮りました。
\(^▽^)/ばんざ〜い!!


いや〜、嬉しかったなあ。これで金運も上がるかしら?
とりあえず、(>人<)拝んどこう。







ブログ内関連ページ:

2007/ 7/19付 「小さな甲虫たち」
2011/ 6/29付 「6月に出会った虫たち 1」

2012/ 8/ 6付 「草むらの小さい虫」
2012/ 7/29付 「虫たちの雨宿り」
2012/ 6/ 2付 「ジンガサハムシ」
2011/ 8/31付 「8月に出会った虫たち」
2006/ 7/12付 「北向きの斜面の虫」 イチモンジカメノコハムシのサナギ
2006/ 5/11付 「ジンガサハムシの仲間」




posted by はもよう at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。