2013年06月11日

ガマズミとネジキ

久しぶりの雨になりました、うちの方。夜、降り始めの力強い雨音が心地よかった
んですが、西の海上には台風が接近中とか、どちら様もくれぐれもお気をつけ下さい
ませ。明日は紫陽花も元気になるかな?

毎年ご紹介していますが、また、ご紹介します。シリーズ「木の咲く白い花」。
今回はガマズミとネジキです。

これは今まで御紹介してきたのとは違う株。

13_0611_gamazumi1.jpg

前のよりは若い株ですが、今年は結構大きくなってお花もたくさん咲かせました。





じつは、ここ数年毎年のようにご紹介してきた株ですが、去年の秋に台風で大部分を
折られてしまってから、
いや〜、自然は厳しい。弱った木は虫を遠ざけることが出来ないんですね。
気の毒なくらいに葉っぱを虫に食われちゃって、見る影もないんですよ。

その先輩に代わって、今回、お花を見せてくれたのが、この後輩ガマズミくん。
隣町の公園における ガマズミ界次世代のエースです。

13_0611_gamazumi2.jpg

この子だってつい数年前までは、虫食い葉っぱで気の毒なくらいだったのに。

台風で折られちゃった先輩ガマズミも、最初はそうだったから。
ガマズミって基本、虫食いだらけの若いうちを通り抜けて初めて、虫を寄せ付けない
強い木になれるのかな? う〜ん、ガマズミに歴史有り(しみじみ)。

スイカズラ科ガマズミ属の落葉高木。秋の紅葉と赤い実が自慢ですが、
このお花も、素敵でしょ。

13_0611_gamazumi3.jpg

ちっちゃいつぼみも可愛いな。

13_0611_gamazumi4.jpg

ほんのちょっとだけアイボリーがかったお花はアンティークのレースみたい。

13_0611_gamazumi5.jpg

今年は後輩くんのお花を堪能させていただきました。


台風で折れちゃった先輩くんは、ちゃんと咲いていますが、葉っぱが虫食いだらけで

13_0611_gamazumi6.jpg

痛々しいので、小さい写真でご紹介。

この公園に通い始めた頃、猛烈に虫に食われているのを心配しつつ見守ったモノでした。
立派な木になって、お花をたくさん見せてもらいました。
また、元気になって元の勢いを取り戻してくれるって信じてます。頑張れ先輩くん。




もうひとつの「木に咲く白い花」はツツジ科のネジキです。

13_0611_nejiki1.jpg

ツツジ科ネジキ属の落葉低木。幹がねじれて育つのでネジキ。
あんまり他のブログでは見かけないんですが…珍しい花とは、図鑑には書いてない
ので、きっとお近くにもあると思いますよ。

大きくて軸の赤い葉っぱに、2本ずつ出した花の穂に白い壷型のお花がずらり。

13_0611_nejiki2.jpg

背の高さは大きくて5mくらいになりますので、枝の下に入りこむとこんな景色。

13_0611_nejiki3.jpg

低いところの枝を見ると、こんな風。

13_0611_nejiki4.jpg

ブルーベリーやアセビの花と似てるかな。同じツツジ科だし。
アセビ同様、毒がありますけどね(^^;)。

13_0611_nejiki5.jpg

実は素っ気ない形で、紅葉は微妙。
今が一年で一番奇麗な姿かな?今年も会えて嬉しいです。



おまけ画像は、まだ奇麗に咲いていた5/19のノイバラです。

13_0611_noibara.jpg

良い香りもしてました。
楽しいおさんぽ。今度は日陰の草の花をご紹介。





ブログ内関連ページ:

2012/ 5/26付 「エゴノキの花」 去年のガマズミ
2012/ 5/31付 「ネジキと蔓の花」
2007/ 5/28付 「ネジキ」
2011/ 5/25付 「ガマズミとネジキ」
2007/ 5/19付 「エゴノキとガマズミ」




posted by はもよう at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
ネジキが見られるのですね。
花が鈴なり、素敵な姿です。
私も見てみたいです・・・
Posted by YAKUMA at 2013年06月13日 18:46
YAKUMAさん、こんばんは。
はい、ネジキがあったんですよ、近所に ♪
嬉しいですよ。
本当に素敵な木です。(^^*)
Posted by はもよう at 2013年06月13日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。