2013年06月06日

風に揺れる草の花

今日は一日雲の多いお天気でした。雨が降ることはなさそうと洗濯物を干して
出掛けましたが、日差しがほとんど無かったぶん、涼しいような気がしました。

記事の方は、5/18に撮ってきた 道ばたで風に揺れている花。

13_0606_nobiru.jpg

道路っ端で目立ってきたのはノビルの花の穂。ムカゴになることも多いんです
けどね。





ノビルの周りはいろんな草の穂。たとえばこれはカラスムギ。

13_0606_karasu_m.jpg

緑色は中身が入った実、白いのは脱け殻。風が似合うカラスムギ。



お花が咲き出したと思ったら、もう実が出来てます。

13_0606_a_fuuro.jpg

ゲンノショウコそっくりの実だけれど、帰化植物のアメリカフウロです。



こちらはカラスノエンドウの実、パチンと弾ける豆のさやです。

13_0606_k_endo.jpg

真っ黒に熟したら、さやがねじれるほどの勢いで弾けちゃうんですよ。



たくさん咲いていたブタナもそろそろ綿毛の方が目立ってきました。

13_0606_butana.jpg

地味めな綿毛が風に揺れてます。



フェンスの前にはチガヤの穂がそろい始めていました。

13_0606_tigaya1.jpg

赤っぽく見えるのはまだ、咲ききらないお花の穂。

咲いちゃうとほわほわの綿毛の穂になります。

13_0606_tigaya2.jpg

要らないと思う場所ではやっかいな雑草でしょうが、路肩でふさふさ茂って
銀色の穂を風に揺らしているのはなかなか素敵な景色です。



フェンスにはこれからつる草がどっさりからみます。

13_0606_saotome_aotudu.jpg

ここにいつも芽を出すのはアオツヅラフジにサオトメバナ、
まだ葉っぱは見えないけれど、きっとアメリカマルバアサガオも出てくるはず。
つるじゃないけれど、トゲだらけのワルナスビの葉っぱも出てきました。


道ばたにちょこっとスペースがあったら、その草むらに並んじゃうお花は
シロツメクサ(白詰め草)。

13_0606_clover.jpg

遠いヨーロッパから、割れやすいモノの詰め物として来日した働く草です。

ムラサキツメクサも咲いてます。

13_0606_m_tumekusa.jpg

ちっちゃめなシロツメクサ。大きめなムラサキツメクサ。
ぽんぽんみたいなお花だけれど、よくよく見ると豆のお花なんです。



名前は同じだけれど、こちらは鳥の爪みたいな葉っぱのツメクサ(爪草)。

13_0606_tumekusa.jpg

苔かと思うほど小さい草ですが、ちゃんと奇麗な白い花が咲きます。



こちらも地面にへばりついて咲く小さい花、トキワハゼ。

13_0606_tokiwa_h.jpg

もう、ムラサキサギゴケとは間違わないぞ。



5月半ばの道ばたは いろんな花が咲いて、実がなって。とっても賑やかで
楽しいです。おなじみのお花がいろいろ咲いてます。久しぶりだね〜って
眺めたり、あの子はまだかなって探したり。写真、まだまだあるんですよね。

今度は花だんや公園のお花にしようかな。





posted by はもよう at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。