2013年05月29日

ハクウンボクと栃の花

梅雨の走りで一日中傘が手放せない日…のはずが、関東でも例年より早い梅雨宣言が
出て、でも、我が家上空には雨雲は長居せず、ときおりぱらついては上がるの繰り
返しで、一瞬とはいえ日差しもこぼれてきたりという、いろいろ、裏腹な一日でした。
まあ、お空にもお空の都合があるんでしょうね(^^*)。いずれにしても、雨の季節の
到来です。体調管理と衛生に注意して過ごしましょう。

記事の方は今日も「木に咲く白い花」。エゴの花が咲いたら、とるものもとりあえず、
見に行かなくっちゃならない場所があるんです。
大好きなエゴの花が、豪華に房になって咲いちゃうハクウンボク。

13_0529_hakuunboku1.jpg

毎年、エゴの花よりほんのちょっとだけ 先に咲くから急いで行ったのに、うわっ!
散ったお花でもう、地面が真っ白。





ハクウンボクが見られるのは、私の行動範囲の中ではここ一箇所。
いつもはあまり近寄らない方の公園に10本くらいかなぁ、まとまって植えられて
いるんですよ。

13_0529_hakuunboku2.jpg

ほっ。お花は咲いていました。隣のエゴノキはやっぱりまだつぼみばかり。
このサイズじゃ分かりませんが、ハクウンボクの方は枝先に すっかりお花の
散ったあとが残ってました。
何割くらい散ったところかなあ?3割?4割くらい? でも、まだ咲いているお花も
いっぱいあって奇麗です。

大きな葉っぱにどっさり並んだ白い花。

13_0529_hakuunboku3.jpg

なんべん見ても奇麗です。

13_0529_hakuunboku4.jpg

これが園芸種じゃなくて、お山に生える木だって言うんだから、すごいなぁ。
山歩きしていて、こんな奇麗な花が無造作に咲いているのを見たら感激するでしょう
ねえ。

13_0529_hakuunboku5.jpg

葉っぱも大きいんですよね。エゴノキ科エゴノキ属の落葉高木。
大好きなハクウンボク、今年も会えて嬉しいです。いつまでもそこで咲いてて
くださいね。
たまには実の写真も撮りに来なくちゃねえ。(^m^)

2008/ 5/16付 「ハクウンボクの花」



同じ公園には大きなトチノキもたくさん立っています。
毎年撮っているので、写真も同じ様なモノになっちゃいますが、でも取り上げます。

13_0529_totinoki1.jpg

こっちの木の葉っぱとあっちの木の梢のお花。
写真のサイズは小さいけれど表現しているのはとっても大きい世界です。


木も大きければ葉っぱも大きいトチノキ、お花の穂ももちろん大きいです。

13_0529_totinoki2.jpg

風が吹くと全部が揺れて、ざわ〜って大きな音がします。
豪快トチノキさん。


お花のひとつひとつは小さいんですけどね。

13_0529_totinoki3.jpg

蜜がいっぱい出るんですってね。
ハチさんがブンブン言ってました。あとはカラスが賑やかでした。
営巣してなきゃ良いけど。


体当たりしてもびくともしなそうなぶっとい幹に寄りかかって上を見上げてパチリ。

13_0529_totinoki4.jpg

このブログに何枚同じ、このアングルの写真があるか分からないけれど、
良い景色です。
何もかもでっかいトチノキさんの下に居ると、ちょっとだけおおらかさを分けて
もらえる気がします。うん、いろいろ有るけど、どんと構えて落ち着いて対処
するんだ。頑張ろうp(^へ^)トチノキさん、ありがとう。また会いに来るね。








ブログ内関連ページ:

2012/ 5/21付 「ハクウンボクの花」
2011/ 5/23付 「白雲木と栃の木」
2008/ 5/16付 「ハクウンボクの花」
2012/ 5/22付 「トチノキの花」 小さいお花
2011/ 8/25付 「木の実ぞくぞく」
2007/ 1/20付 「トチノキの冬芽と枝振り」



posted by はもよう at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。