2013年05月27日

つる草のつるの先

今日は雲が多めながら、何とか晴れました。明日あたりから、梅雨の走りだそうで
この土日、もうちょっと洗濯を片付けたかったなあと思いつつ、仕事しに行って
来ました。始めて2年目の働く母さんは、何かと忙しいです。(^^A)

今日の記事も5/6の隣町で撮ってきた写真。

13_0527_suikazura1.jpg

この時期、ぐんぐん伸びるつるの先に注目してみました。





1枚目の写真も、↓2枚目の写真も、ついでに言うと3枚目の写真も同じ植物です。

13_0527_suikazura2.jpg

つる性植物って、根元近くとか、幼植物のうちとかに、全く葉っぱの形が違うのが
有って、初心者を惑わせます。

特にこの、…あ、まだ名前を載せてませんでしたね。
スイカズラです。
あの、今、盛んに白い花を咲かせている、香りの良いあの花。

あのお花の咲いている つるの下の方は、こんな風に羽状に裂けているかも
しれませんし、

13_0527_suikazura3.jpg

何かの菌と出会っていたら、黄色い模様を浮かべていたかもしれません。

人間だって、環境によっていろんな個性が育つように、植物も、個々のストーリーを
持っているのかもしれませんね。



この時期、
お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」は、伸びてくるつる性植物の
つるの先が目立ちます。

たとえばこれはノブドウの先。

13_0527_nobudou.jpg

照りのある葉っぱ、赤みを帯びたつる。ん〜、たぶんね。

そして↓こっちは蜂や蝶々にはごっつい評判の良い…けれど、ひとには嫌われる
夏に蔓延るつるのワースト1位、2位を争うヤブガラシ。

13_0527_yabugarasi.jpg

ノブドウと花も巻きひげもそっくりなんだけど、やっぱり、ノブドウみたいな
綺麗な実は付かないし、貧乏草なんて悪口言われちゃう気の毒な草です。




何度もご紹介したけれど、やっぱりまた目に付いちゃったタチシオデ。

13_0527_t_siode1.jpg

かたまって咲いているところを見つけちゃった。

緑のお花がボールのようにポンポンポンと咲いて、ああ、良い景色。

13_0527_t_siode2.jpg

ずっと見ていたいなあ。
春に咲いたつるには、早めに実が付いて、これからまた、その実が熟していくのを
眺める楽しみがあります。

これから伸びてくるつる草にはまた、これからのお楽しみが待っています。

大好きなつる草。今年も斜面を覆い尽くすほど蔓延ってねえ。(^^*)
楽しみにしているねえ。


そしてこちらはお花も実も、冬のうちに済ませてしまったフユヅタです。

13_0527_fuyuduta.jpg

このあとは若葉を出して、雑木林の木の幹をしばらく緑に彩ります。
あんまり、木に迷惑かけない程度に、頑張れ〜。\(^▽^)/



いろいろ紹介したい写真はいっぱいあるんですが、整理する時間が取れないかも。
頑張ろう、私p(^へ^)出来る範囲で。




posted by はもよう at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。