2013年04月22日

野路と有明

今日はやっと晴れて、ちょっとだけ寒さが緩みましたが、それでも暖かい
と言うには足りない感じ。風もまだ冷たくて、やっぱり寒かったですねえ。
3月が記録的に暖かくて、桜咲き進む頃にはやきもきするほど暖かかった
のに、散ってからは雪が降るほど寒いなんて、ほんと変な陽気ですね。

さて、今日の記事はまた、すみれのご紹介。今度のお花はまず野路に咲く、
ノジスミレ。

13_0422_noji_s1.jpg

全草毛深くて、ちょっと野暮ったいけど可愛いすみれ。
一緒にご紹介するのは交雑種と言われるアリアケスミレ。






お花はちょうど中間の紫色。

13_0422_noji_s2.jpg

どっちかって言うと花の形は乱れやすいけれど、

13_0422_noji_s3.jpg

則弁が外へ広がっているので、横長の菱形に見えることが多いです。

13_0422_noji_s4.jpg

お花の内側は無毛で、めしべの先はカマキリの頭型。

13_0422_noji_s5.jpg

葉っぱは長めで、周りにゆるい鋸歯があって、地面に広がるのが特徴。
草むらよりは道ばた好き。あたりに他の草が無い方が好みのようです。




ノジスミレの隣にあるのはスミレという名のすみれに似ています。

13_0422_ariake_s1.jpg

立ち上がった翼のある葉っぱ、濃いめの紫の花。
スミレっぽい。でも、他の、いつも良くある場所のスミレはまだ一つも
咲いていません。

同じ場所にあるのは白い花。
翼のある葉っぱは地面に寝ています。

13_0422_ariake_s2.jpg

ノジスミレっぽくてスミレっぽい。どっちつかずのどっちにも似ている
それが交雑種じゃないかと言われているアリアケスミレ。

13_0422_ariake_s3.jpg

この ↓ 白い花の則弁には毛があって、めしべの先はカマキリの頭型。

13_0422_ariake_s4.jpg

↓ スミレっぽい紫色の花の則弁にも毛があってめしべはカマキリの頭型。

13_0422_ariake_s5.jpg

だいぶスミレっぽいけれど、これもたぶんアリアケスミレ。

13_0422_ariake_s6.jpg

スミレかヒメスミレと、シロスミレかノジスミレの交雑と考えられている
アリアケスミレ。
たぶんね、たぶんアリアケスミレ。根拠はちょっと薄いけど。
見れば見るほど自信がなくなって来るけど。(^m^)



さあ、今度は4/7に隣町へ行って撮ってきた写真をまた、数回のシリーズに
してご紹介します。4月の写真。初旬分だけで、ひと月使っちゃいそうです。





ブログ内関連ページ:

2008/ 4/10付 「アリアケスミレ」
2007/ 4/20付 「ノジスミレとケマルバスミレ」
2008/ 4/27付 「スミレという名のスミレ」





posted by はもよう at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。