2013年04月14日

雨の雑木林

今日は暖かくなりましたね。そんな中、娘、息子を連れて、実家へ両親の
顔を見に行ってきました。近所の天神様へ、再度受験のお願いもしなくちゃ
ならないですからね。お花もいろいろ咲いていましたよ。

いやあ、長かったなあ。でもこれで最後、雨の3/30にいつもおさんぽして
いる公園で撮ってきた写真シリーズの最終回。
今日は雑木林ゾーンで撮ってきた写真から。

13_0414_akaside1.jpg

まずは可憐なアカシデの新芽。






可愛いんですよ、アカシデは葉っぱも花もちっちゃくて。
そしてほんのり赤くって。

13_0414_akaside2.jpg

いや、もっと花の穂が長くて、木が赤く染まるほど長い花の穂をどっさり
下げるアカシデもあるにはあるけれど、このくらいの木が公園には多くて
可愛いの。雑木林のアイドルだなって思うのですよ。



春先の雑木林で目立つのは、こちらのコナラも同じ。

13_0414_konara1.jpg

写真を撮った3/30の時点では、冬芽がちょこっとゆるんだ程度の木が
多かったけれど、葉っぱを広げているのがひと枝だけ見つかりました。

13_0414_konara2.jpg

銀緑色の新芽に水玉いっぱい乗せて、可愛いコナラ。
この後、雑木林でも、どんどん目立ってきますよ。


お仲間のクヌギはもうお花の穂を出しているようでした。

13_0414_kunugi1.jpg

見上げるから逆光でシルエットしか見えないんだけれど、

枝に注目すると、新芽というより、もっとふさふさしたものの陰…

13_0414_kunugi2.jpg

後日、順光でちゃんと撮りました。

13_0414_kunugi3.jpg

クヌギの新芽やお花の穂は黄色っぽいので、春のクヌギは黄色く見えます。



そうそう、おばなは目立つけれど、めばなを見たことあったっけ?って
思っていたオオバヤシャブシ。
ちょうどこの日、見つけられたからカメラにおさめておきました。

13_0414_o_yashabusi1.jpg

あいにくのお天気だけど、忘れなければまた、お天気の良い日にも撮るからね。

ぶっとく下がったおばなの穂の上に、立ち上がっている赤いのがめばな。
おばなの穂とめばなの位置が、ハンノキ科の見分けには大事なんです。
これでまた一つ、オオバヤシャブシだって証拠を掴んだな。よしよし。

13_0414_o_yashabusi2.jpg

赤いめばながあとで、ハンノキぼっくりになるんですね。
2つずつ付いているのをよく見るけれど、めばなの時から2つずつなんだ。



あちこち回って、楽しかったけれど、ちょっと疲れちゃった。
大きなオニグルミの下で立ち止まったら、くつろぎ顔の葉痕とふかふかの
新芽に癒されちゃった。

13_0414_o_kurumi.jpg

たまには良いよね、霧雨の日。静かな公園を、のんびりおさんぽできたから。
恵みの雨をたっぷり吸い込んで、晴れたらまたみんな、ぐんぐん生長するん
だろうな。
ひと雨ごとに春が進んで、ひと雨ごとに冬が遠のいていく。
あ〜した天気にな〜れ ♪






posted by はもよう at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。