2007年03月08日

ヒサカキの花

晴れたり曇ったり、お空の雲もお日様も忙しそうな春の一日でした。
今日も公園へおさんぽに行きました。


今、外に出ると、風の中に良い匂いが混じっていますよね。
ひとつはこちら、沈丁花。

07_0308_jinchoge.jpg

もう一つは、今日の主役ヒサカキです。





春の枝先に、ものすごい数のツブツブ。実のような、芽のような。
でもね、これはつぼみです。
神棚に上げるお榊の代わりにも使われる、ヒサカキの つぼみ。

07_0308_hisakaki1.jpg





ヒサカキはツバキ科ヒサカキ属の 山地に生える常緑小高木。
大木にはなりませんが、4〜8mくらいには成長します。
オスの木とメスの木に分かれる 雌雄異株です。
厚手で、先のとがった葉っぱのふちには細かいギザギザ(鋸歯)が並んでいます。
お榊(サカキ、マサカキ)の葉にはギザギザ(鋸歯)は無いんですよね。

07_0308_hisakaki2.jpg


榊の花は少し大きくて付き方もまばらですが、
ヒサカキの方は、これでもかっ!!ってくらい びっしり並びます。
特に、おばなの花の付き方はものすごいです。
上の写真はオスの株の枝です。

07_0308_hisakaki3.jpg

少し拡大してみましょう。ほら、おしべがたくさん見えますよね。
和風な良い匂いがするのですが、とにかく、この分量です。
頭が痛くなるほど匂います。クラクラしますよ。

花の大きさは だいたい5mmほど。基本的には白い花びらが5枚ですが、
株によって、花びらに赤みがさしていたり、
ガク(萼)が黒っぽかったり、表情は様々です。
私が見た限りでは、
花に赤みがさしている株の方はまだ、つぼみが堅いままでした。



咲いているのは圧倒的にオスの株の方が多いのですが、メスの株も探してみました。
心なしか、花も小さく、花付きも控えめでしたよ、ほら↓。

07_0308_hisakaki4.jpg

おばなかめばなかは、花の中をのぞき込んで判断します。
直径5mmのおばなでも小さかったのに、めばなはさらに小さいし、
花びらがつぼんでいるタイプだと、のぞき込むにも一苦労ですが、
やっと見つけました。お花をアップにしてみますね。

07_0308_hisakaki5.jpg

なかなか、奇麗でしょ?
花の中心に ころんとしためしべが有るのが解りますか?
細かく言うと ころころしているのが後に実になる部分(子房)で、
めしべはその先にある、3つに分かれた部分ですね。



ちょうど、オスの株とメスの株が並んでいるところがあったので、
両方の枝を並べて撮ってみました。

07_0308_hisakaki6.jpg

右下から左上へ上がっているのがオスの株の枝で、
反対に下がっているのがメスの株の枝です。
この枝では、花付きはそんなに変わりませんでしたが、
花の大きさがずいぶん違いますでしょう?

ずっとこうなのか、咲き始めだからなのかは解りませんが、
今日見てきた株ではこんな感じで、オスの株の花より、
メスの株の花の方が明らかに小さかったですね。



おしべが目立つ‘おばな’と めしべしかない‘めばな’の他に、
両方備えた 両性花があるはず…と、
あちこちのぞいているうち、
また、ちょっとタイプの違う花を見つけました。

07_0308_hisakaki7.jpg

ほら、まず、めしべしか有りませんので、これはめばなです。

でも、今まで見てきたヒサカキとは違って、
赤みが無く、花びらも外に開いています。
違う花なのかな?…と、web検索してみましたが、
花びらが 外に開くタイプのヒサカキを紹介しているサイトも
見つかりましたので、これも、ヒサカキでよいようです。

でも、この株のめばなだけは 少し大きめで、
おばなと同じくらい有りましたし、

07_0308_hisakaki8.jpg

葉っぱのふちのギザギザが とっても細かく鋭くて、
同じヒサカキでいいのかな?という疑問は 残りました。



とにかく、強い匂いにあてられて
くらくらしながらの観察となりました。
どっさり咲いて、どっさり実った果実が黒く熟すのは、
10〜12月になるそうです。
その頃には、この、強烈な匂いが懐かしくなるんだろうな。(^^;)



posted by はもよう at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
お勉強になりました。
仏様にあげていたような気がします。
本当に、いやと言うほど花が付きますね(笑い)。
Posted by nakamura at 2007年03月08日 23:23
nakamuraさん、こんばんは。
(手を入れておきました。)

たくさん咲きますよね、ヒサカキの花。
効率的じゃないかな?
Posted by はもよう at 2007年03月09日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。