2013年03月30日

ウグイスカグラの花

せっかくの満開の桜に、せっかくの週末なのに、一日中霧のような雨が降っちゃい
ました、うちの方。それでも一応、いつもの公園にはおさんぽに行ったんですよ。
写真も100枚以上撮ってきました。雨の水玉がいっぱい付いたお花や木の芽を
いっぱい撮れましたよ。いずれまたそのうちご紹介させてください。

とりあえず記事の方は、3/21に隣町で撮ってきた写真シリーズに移りたいと思います。
サクラが咲きだしたばかりの頃の隣町。まずは気になっていたお花を見に行きました。

抜けるような青空に、ずいぶん存在感を増したサクラとエノキの芽。

13_0330_enoki.jpg

これがみんな開くのにあとどのくらいかかるかな〜?






まだ咲き始めだから、冬芽も残っているサクラの枝と

13_0330_keyaki.jpg

ケヤキの芽。
ふわふわ〜っと煙って見えるようになったら、芽吹いています。
芽吹くと同時に花が開いているはず。たぶん、ケヤキも花盛り。見えないけどね。



いつもの道を歩いてお気に入りの観察スポット「北向きの斜面」へ。

2013/ 2/26付 「コウヤボウキの綿毛」

この前は綿毛に注目したコウヤボウキです。今度は芽吹きに注目してみます。

13_0330_koyabouki1.jpg

綿毛もまだちょこっと残っているからすぐに分かります。

13_0330_koyabouki2.jpg

優しい緑色がきれい。

13_0330_koyabouki3.jpg

お花はまだ見てないけれど、綿毛も芽吹きも魅力的。
これはますます秋のお花を見逃せませんね。



日陰の雑木林も、葉っぱが落ちている冬から春先は日差しが差し込みます。

13_0330_zokibayasi1.jpg

遅めの朝日を受けて輝くのは、この日はイロハカエデの新芽でした。
奇麗だったなあ。



そういえばこの先の斜面でも、そっくりな綿毛を見かけたっけ、どこだったかな?
同じあたりで斜面にカメラを向けてパチリ。

13_0330_koyabouki4.jpg

おお、同じあたりに、先見たのと同じ様な優しい緑の葉っぱの並ぶ枝が見える。

やっぱりこっちのもコウヤボウキだったんだ。
嬉しくて、思わず斜面を登って新芽を確認。

13_0330_koyabouki5.jpg

ほら、こんなに可愛い新芽です。



続いてこの場所で、去年初めて見つけて2月に記事にした ↓ あの花。
つぼみまで確認したけれど、もう、咲いたよね。散ってないかな?

2013/ 2/ 8付 「ウグイスカグラの芽」

ほら、このへんに。  

13_0330_uguisukagura1.jpg

あ、ピンクの点々が見えてきたよ。

春先、お花の少ないときにこんなに可愛らしいピンク色。

13_0330_uguisukagura2.jpg

見つけられて良かった。今年も会えました、ウグイスカグラのお花。
待ってたよ。

確かこの朝、結構、風が強かったんですよね。

13_0330_uguisukagura3.jpg

でも何とかここまでアップで撮れました。
スイカズラ科、早春、ウグイスがお神楽を舞う舞台になっちゃう低木です。



この日の北向きの斜面はほんとに奇麗で、どこを向いても良い景色。

13_0330_zokibayasi2.jpg

ほっぺたがゆるんじゃうようなおさんぽでした。

3/21の写真、また、結構多いんですよ。季節はどんどん進んじゃうけれど、
記事の方はのんびりゆっくり進んでいきます。良かったらお付き合い下さいね。




ブログ内関連ページ:

2013/ 3/23付 「早起きすみれ2」
2013/ 2/26付 「コウヤボウキの綿毛」

2013/ 2/ 8付 「ウグイスカグラの芽」
2013/ 3/23付 「早起きすみれ2」 ことしのつぼみ
2012/ 4/11付 「ウグイスカグラの花」





posted by はもよう at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。