2007年02月24日

街で見かけた冬芽

今日は一日中強い風が吹いていました、うちの方。
何だかねぇ、本当に季節の進みが早くって、
まだ2月って言うのが信じられません。

記録的な暖冬で、春の訪れも早いようですね。
お急ぎで紹介しちゃわないと、"冬芽と葉痕"っていうカテゴリーに
おさまらなくなっちゃいそうです。

こちらは、去年も眺めたガマズミの芽。
隣町の公園でもちゃんと元気にしてましたが、写真は、街中のものです。

07_0224_gamazmi1.jpg






相変わらず、暖かそうな毛におおわれています。
ほら、こっちにも。

07_0224_gamazmi2.jpg

本当にコバノガマズミと区別の付かないそっくりさん。

こっち↓の小さい 枝の芽なんかは、もう、全然解らないですね。

07_0224_gamazmi3.jpg

ガマズミは、暖かそうなふわふわ毛布の冬芽もいいけれど、
もう少し経って去年の写真くらいに芽吹いたときがまた、可愛いですよね。




ずどーんと大きいキリの木は、いつもおさんぽしている公園の木。
大きな枝に去年の実のカラと今年の花のつぼみが同居しています。

07_0224_kiri1.jpg

青空をバックに葉っぱの落ちたあと(葉痕)を探しました。
キリの葉っぱは大きいから、葉痕もさぞや立派だろうと思ったのですが、
手の届く範囲の枝の葉痕には古いものが多く、干からびていたりひび割れていたり…

でも、イイ感じにひびが入って、笑っているように見えるものを発見!!

07_0224_kiri2.jpg

ね、「やぁ!よく来たね。」って言っているようでしょう?




最後は小さいコムラサキの芽。毛深くて2つずつ向かい合って付きます。
ちっちゃいから解りにくいけれど、皮もカラもかぶっていない裸ん坊の芽です。

07_0224_komurasaki.jpg

これが少しずつ大きくなっていく姿が可愛いのなんの。(^^*)
街中で、和風の花木ばかり集めて植えてある花だんのコムラサキです。
ずいぶん後まで枝先に、紫色のツブツブした実を付けてました。



で、こっち↓が、例の「北向き斜面」で見かけた枝の方。

07_0224_murasaki_s.jpg

この斜面で、見かけた実は シロシキブの実だけなんですけれど、
これはまだ実も付けられない幼樹です。
たぶん、ムラサキシキブだと思うのデスガ、確証はありません。
大きくなるまでここに有れば、検証できるのですが…。

とりあえず、向かい合って付いてる裸芽がとっても可愛いから、
ご紹介しておきますね。
web日記の頃はコムラサキのお花や実くらいご紹介していたのに、
ブログになってからは写真撮ってませんでしたね。
次のシーズンには頑張ります。(^^)



ブログ内関連ページ:

ガマズミ

2007/ 1/17付 「お姫様とチシャ猫と…」 街中のコバノガマズミの冬芽
2006/11/21付 「街で見かけた木の実」 ガマズミの真っ赤な実
2006/ 9/30付 「ガマズミの若い実」 ガマズミの色づきかけた実とオトコヨウゾメの実
2006/ 6/24付 「初夏の実りなど」 ガマズミのあおい実

2006/ 5/20付 「ガマズミの花と?の花」 ガマズミと(たぶん)コバノガマズミの花
2006/ 5/ 1付 「オトコヨウゾメの花」
2006/ 4/ 8付 「ガマズミとオトコヨウゾメ」 冬芽と芽吹き


キリ
2006/ 1/18付 「キリの枝先(秋から冬)」 キリの実と種と花の芽
2007/ 2/17付 「大きな木と小さな草」 桐の木と野草


posted by はもよう at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。