2013年03月08日

つぼみ巡り

今日は、どうしたら良いのよって言うお天気でしたね。確か、朝聞いたのは
最低気温が4℃か5℃で、最高気温が22℃とか言う予報でしたよ。一日のうちに
気温が変わりすぎですよ。どこに焦点を合わせて洋服を選んだらいいのか、
分からないですよね。で、仕事していた部屋は北向きで、寒いと思って居たら
外の方が暖かだったりしてねえ。本当に不思議なお天気でした。

さて、記事の方はようやく3月の写真をご紹介できます。
3/3、ひな祭りの日のいつもおさんぽしている公園。

13_0308_tamusiba1.jpg

花木の下を一巡り、堅かったつぼみはどこまでゆるんだかな?
一枚目はタムシバのスマートなつぼみ。






比較的、早くに咲くモクレンの仲間。日本海側の方に自生していることが多い
そうですが、公園に数本植栽されていること気づきました。

13_0308_tamusiba2.jpg

コブシよりはずっと細長くてスマートなつぼみです。

2008/ 4/ 2付 「タムシバ開花」

だいぶ膨らんできたけれど、開いたつぼみはまだ見つかっていません。


お隣はハナモモ。
ピンクのお花を枝にびっしり並べる木だけれど…

13_0308_hanamomo1.jpg

まだのようですね。

枝一本に注目してみると、

13_0308_hanamomo2.jpg

毛深くて丸いつぼみがずらっと並んでいます。
実がなるモモと違って、ここに濃いめのピンクの花がびっしり並ぶんですよ。
壮観です、あともうちょっとしたら見ることが出来ます。楽しみです。


ヒメリンゴはお寝坊さんなのかな?

13_0308_himeringo.jpg

枝にはまだ、ほとんど変化はないです。
大好きなお花だから、いっぱい咲いて欲しいんだけどな。お願いします。


それからこれが豊後梅。

13_0308_bungoume1.jpg

梅とアンズの中間くらいの時期に花が咲きます。

薄くて柔らかいピンク色です。

13_0308_bungoume2.jpg

つぼみは濃いピンクですが、透き間からのぞく花びらはうす紅色です。
もう今頃咲いてるかな?まだかな?


どんどん進みますよ。なにせ花木がいっぱい並んでいる場所があるんだから。
こちらはハナカイドウ。

13_0308_hanakaido1.jpg

花付きが半端ないほどどっさりな花木です。

真冬に見たときは、素っ気なかった枝の先。
うっかり顔を出しちゃった新芽が日差しを浴びて、ぴかっと光っています。

13_0308_hanakaido2.jpg

可愛いお花を見られるのはいつ頃になるかな?



それから、白と濃淡のピンクが混ざり合う、華やかなハナモモ(たぶん源平桃)の
枝先はこんな風。

13_0308_genpeimomo.jpg

うーん、まだ、冬は遠そう?そんなこと無い?
3/3のひな祭りの日の写真。他の木の枝も眺めましょうか。


今日突然やって来た暖かいお天気は明日も続いて、その後はまた冬並みに寒い日も
混じりつつ、暖かくなっていくそうですね。
花粉も黄砂もPM2.5もどっさり飛んでいるそうですし、体調管理には十分気を付けたい
ですね。お彼岸も近いです。ご先祖さまもお待ちですよ。どちら様もお大事に。





posted by はもよう at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。