2013年03月04日

ヤマコウバシの芽

今日も、気温としては十分寒かったはずなんですが、風が弱かったせいか、
あんまり寒く感じませんでした、うちの方。もう本当に、いい加減寒いのには
飽きましたよね。(^^;)今週中にはビックリするほど暖かくなるっていう
週間予報が出ているので、それを楽しみに今日も頑張りました。p(^へ^)

記事の方はまた、2月の写真に戻って2/23に隣町で撮ってきた写真の最終回。

13_0304_inuside1.jpg

もう、一週間以上前の話になっちゃいましたが、それでも、この日、背の高い
イヌシデの枝先が煙っているのを見て、春めいてきたなあって思ったんですよ。








他の木に先駆けて、穂のようなおばなを下げるイヌシデ。
枝の先の冬芽が存在感を増してきて、枝の先が、もやっと煙るように見えるのが
春の兆し。

13_0304_inuside2.jpg

煙るように見えた枝先には、葉の芽、花の芽が並んで賑やかです。
背の高い木の上の方にお日様の光りが当たって暖かそう。



よく似たこちらは赤っぽい枝。

13_0304_akaside1.jpg

アカシデです。
さっきのイヌシデよりは低いところに枝があったので、もうちょっと芽の様子を
近くで見ることが出来ました。

13_0304_akaside2.jpg

小さい葉っぱの芽、大きいお花の芽、そして、ヒモのように見えるのは
去年の実が落ちたあとです。逆光でも、赤いのが分かりますね。
これからの雑木林で、ひときわ赤く目立ちますよ。


シデの仲間の芽吹きっぷりが大好きなんですよね。
今年もまた会えると思うとワクワクします。楽しみだな。(^^*)



シデの枝先をチェックした後、注目したのはヤマコウバシの'春まで落ちない
葉っぱ'と冬芽です。

13_0304_yamakobasi1.jpg

まだまだ受験シーズン真っ盛り。春まで落ちないで欲しい我が息子ですが…
まあ、そっちのことは置いといて。

クスノキの仲間のヤマコウバシ。冬芽はどんなかな?

13_0304_yamakobasi2.jpg

私の活動範囲にはこの木、一本しかないというのに、このあいだ、だいぶ大胆に
剪定されてしまい、ますます枝が遠くなってしまったのですが、何とかカメラに
頑張ってもらいました。
うん、受験の願掛けしているからじゃなくても、端整で奇麗な冬芽ですねぇ。

根元を丹念に探して、ひこばえを見つけました。

13_0304_yamakobasi3.jpg

ひこばえの若い枝です。
まだ緑色を残す枝に赤っぽい冬芽。なかなか素敵じゃないですか。

ここから、銀色の毛深い新芽が芽吹くんですよ。楽しみだなあ。
その頃にはこの枯れ葉もみんな落ちちゃっているでしょうね。

今年は、まだ見ぬお花を 是非、カメラにおさめたいなあ。
もうずっと言っているんですけれど、タイミングを逃しまくっているんですよね。
今年こそp(^へ^)頑張るぞ。



冬芽ばかりじゃ彩り不足ですよね。
こちら、早咲きの椿。たぶん…ワビスケの一種だと思われます。
公園からの帰り道の、とあるお庭のお花です。

13_0304_wabisuke1.jpg

そこそこ大きな株で、早い時期から青みのピンクのお花をたくさん咲かせます。

花数は多いけれど、開ききらないところ、おしべがあまり発達していないところ
など、ワビスケの特徴が出ているかな?と思うのですが、いかんせん園芸種。
種類が多すぎて判別しかねます。

13_0304_wabisuke2.jpg

名札が付いていないお花は、ただ、奇麗だねって眺めるだけにしておきます(^^A)。



これで、2/23の隣町で撮ってきた写真シリーズはおしまいです。
おまけ画像は近所の河津桜。

2013/ 1/29付 「ヤブツバキのつぼみ」 1/20の様子


13_0304_kawadu_z.jpg

2/23、近所の河津桜はこのくらい。
まだまだ寒かったけれど、やっと動き始めたかな?って感じですかね。
早咲きの桜だけれど、今年はいつ咲いてくれるかな?




さて、2月の写真、じつはもうちょっとあるんですよ。今度は2/24と2/28の
いつもおさんぽしている公園の写真。良かったらまた、お付き合い下さいね。





posted by はもよう at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。