2013年02月28日

日だまりの草の葉2

暖かかったです、今日。本来はこのくらいの陽気で良いんじゃないですか?
明日から3月だし。いつもの公園でお散歩していても、ちょっと用事で
自転車こいでいても、まあ、すぐに汗ばんじゃうような穏やかだ暖かな晴天
でしたよ、うちの方。ああ、もう、寒いのはお断りしたいなあ。

今日で2月もおしまいと言うことで、HPの方「季節のごあいさつ」のページに
3月のごあいさつカードを飾りました。卒業シーズンの花、沈丁花です。
日記の表紙の福寿草も、偶然イイ感じに撮れたお気に入りです。(^^*)

記事の方は昨日の続き。2/23の隣町で、日だまりで頑張ってた草の葉たち。

13_0228_o_yabujirami.jpg

この細かいのはセリ科のオヤブジラミです。奇麗ですよね。





隣町の公園裏に広がる北向きの斜面。
誰も入らないから、いろんな草が勝手に生えていますが、さらに進むと、
地元有志の皆さんが、カタクリを保護している一画。
ここにはさらにいろんなお花が咲くのですが、今はまだ小さいはっぱで
春への一番乗りを目指して、身を縮めて寒さに耐えています。



一面の草の葉。こうして見ると緑の葉っぱばかりじゃないですよね。

13_0228_kusamura.jpg

どういう理屈なのかは、植物学者さんにきかなきゃ分からないけれど、
寒い時って、赤っぽい葉っぱをよく見かけます。


真ん中の葉っぱはたぶん、

13_0228_s_hienn_s.jpg

キンポウゲ科のセリバヒエンソウじゃないかな?ここに群生してたから。

2006/ 6/ 6付 「セリバヒエンソウの種」


ところどころの可愛い緑の葉っぱはハコベ。コハコベで良いのかなあ?

13_0228_hakobe.jpg

ほら、今年の初めて見たハコベのお花。ちっちゃいから写すの大変でした。
お隣の丸い葉っぱはヒメオドリコソウかな。



ヒメオドリコソウの葉の裏も赤っぽいんですよね。

13_0228_h_odoriko_s.jpg

お花のピンクより、葉の裏のピンクの方が色濃かったりして。(^m^)


名前が多すぎるオオアラセイトウ(別名はムラサキハナナにショカッサイ)は、

13_0228_o_araseito.jpg

お花より一足先に葉裏の紫が奇麗です
アブラナ科の野菜にも、紫色がかったの、結構、見ますよね。


スイバはこんなに赤くて…

13_0228_suiba.jpg

ああ、寒そう。

クサイチゴに至っては紅葉なのか寒さをがまんしているのか、分からない
くらい秋からずっと赤いですよね。

13_0228_kusaitigo.jpg

みんなもう、待ちくたびれたよね。
カレンダー上は明日から春です。寒気もそろそろ北上していただきたいです。
春よ来い、早く来い。もう寒いのはいやですよお。





posted by はもよう at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。