2013年02月19日

ハンノキのめばな

寒かったですねぇ、今日。天気予報の「雪」は予報どおりちらついただけでしたが、
とにかく風が冷たくてビックリしました。なかなか冷気が退かないみたいで、
2月中は寒いって言う予想を見てちょっとガッカリしました。

一日おやすみしちゃったけれど、今日の記事は2/11にいつもの公園で撮ってきた
写真から。

13_0218_poplar.jpg

葉っぱが落ちて、木の姿がくっきり。何度見ても奇麗だな。木の立っている姿って
素敵なデザインですよね。




活動的に過ごすと決めた3連休の最終日。いつもの公園はやっぱり気持ちの良い
晴天でした。
前にご紹介したハンノキのめばなが咲いていたので撮ってきました。

2013/ 2/ 3付 「砂糖カエデとアオダモの芽」

13_0218_hannoki1.jpg

おばなは十分に開いてゆらゆらしていました。
赤いのがめばなです。

13_0218_hannoki2.jpg

ほら、おばなの花の穂の付け根に、赤いめばながいっぱい並んでますよね。

13_0218_hannoki3.jpg

この赤いけばけばが、あのちっちゃいハンノキぼっくりになるんだな。

ひこばえの冬芽を撮ってみました。

13_0218_hannoki4.jpg

赤いねえ。

2013/ 1/16付 「冬芽シーズンイン'13」
2013/ 1/11付 「ハンノキの仲間」



途中イヌコリヤナギのふわふわ花芽を眺めて…

13_0218_inukori_y.jpg

ちっちゃいネコヤナギ って感じなんです。
この公園ではすっかり数が減っちゃったんですけどね。



もう一種類のハンノキの仲間。
こちらはたぶんケヤマハンノキ。

13_0218_k_y_hannoki1.jpg

素っ気ない枝ばっかりの中。

お仲間の印の実の殻が残ってます。

13_0218_k_y_hannoki2.jpg

こちらは以前ご紹介した姿のまま。
お目覚めはまだのようです。

13_0218_k_y_hannoki3.jpg

ゆっくりね。
こちらも数を減らしていて、この数年は、また特に元気がないので心配です。



いえね、公園を通り抜けた先の雑木林で、また、ハンノキの仲間を見つけちゃった
んだけれど、何ハンノキかなあ?
ご紹介しようと思って、公園のハンノキの冬芽を撮って比べてみたんですが、
どれも似てないんですよ。
まだ見たこと無い違う種類なのかな?それとも間違った枝を撮っちゃったのかな?
ハンノキの仲間って、見分けが難しくって判別出来ません。
夏の姿を見てから、ご紹介しようかなと思い直しました。せっかく撮ったので、
いつものハンノキとケヤマハンノキだけ見ていただきました。


さて、今度は何を見ていただこうかな。




posted by はもよう at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。