2007年01月15日

霜と綿毛と…

先週、買い物帰りに、近所の小さな川のほとりを少し歩いてきました。
水のない時期なら、一またぎできちゃいそうな、
水かさも、子どもの膝くらいまでしかないような、そんな小さな川なのですが、
それでも他とは違う草花が見られる、私にとっては大切な場所です。

河原へ降りていく道ばたに、クサイチゴが咲いていました。

07_0115_kusaitigo.jpg

冷え込みの弱いこの冬、早咲きと言っていいのか、返り咲きなのか、
はたまた、咲き残っていたというべきか…日陰なのに見事に咲いていましたよ。




河原は周囲の土地より低いのだから、冷気もたまり、冷え込むはず。
午前も中程まですすんで、日も高くなっていたけれど、
草にはまだ霜が残っていました。

07_0115_kusa_simo.jpg

可愛い葉っぱに綺麗な縁取り♪
見た目は素敵ですけど、葉っぱにとっては厳しい季節ですね。
とは言ってもこの時期に、枯れていないって言うところが
この冬らしさ でしょうか?

オオイヌノフグリも、この有様です。

07_0115_o_inufugu.jpg

花が咲きだしているというのは、ずいぶん気が早いこと…ですが、
そのつぼみには霜が降りています。
う〜ん、暖かいんだか、寒いんだか…。



もう少し進んで、靴下を
ひっつき虫のチクチクでいっぱいにしながら見つけたのは、
こんなふわふわの綿毛です。

07_0115_watage1.jpg

1cmあるかないかの金色のポンポンがぎっしり♪
うひゃあ、かわいいなぁ…なんて喜びながら、パチリ。
角度を変えて、もう一枚。

07_0115_watage2.jpg

さて、なんの綿毛でしょうね。
なんだかとっても見覚えがあるような無いような…
見回すとすぐそばに、もう少し前の姿がありました。

07_0115_watage3.jpg

綿毛一歩手前の、この花の穂は…
ヒメムカシヨモギかアレチノギクか…。(’’?)
スミマセン、今度は花の咲いているときに見比べに来ますね。(^^A)


posted by はもよう at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
霜の感じが良く出ていますね・・・。
Posted by nakamura at 2007年01月15日 23:35
nakamuraさん、こんばんは。
はい、やっと霜らしく撮れました。
また何か良いものを 探してみますね。(^^)
Posted by はもよう at 2007年01月16日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。