2013年01月16日

冬芽シーズンイン'13

いやはや、雪、全然溶けません。その上、午前中は雲が広がって日差しもなく、
今日もしっかり冷え込んだ我が家周辺です。

さて、今日の記事は1/12にいつもの公園で撮ってきた写真。

13_0116_aozora1.jpg

この日は雲がとっても綺麗で、時々空を眺めながらおさんぽしました。





公園のポプラ並木。

13_0116_aozora2.jpg

シルエットみたいに撮れました。なんだかイイ感じ。



葉っぱが落ちて、そろそろ冬芽と葉痕のシーズンですね。
今年のシーズンはまずトネリコの愉快な冬芽から始めましょうか。

13_0116_toneriko1.jpg

木は素っ気ないし、花は地味なトネリコですが、

13_0116_toneriko2.jpg

枝先にへんてこな芽が付くのが面白くて、この時期は見逃せません。

13_0116_toneriko3.jpg

ほら、なんか、変な顔に見えるでしょ。

13_0116_toneriko4.jpg

トネリコは、モクセイ科トネリコ属の落葉高木。

田んぼの畦では稲を干すのに、器具材やスポーツ用品に結構いろんなところで
利用されてきた木です。

こちらのさらにゴツゴツした木はヤマトアオダモ。別名オオトネリコ。

13_0116_y_aodamo1.jpg

芽に茶色い毛が生えているのが目印です。

13_0116_y_aodamo2.jpg

ぽってりして貫禄のある芽です。



風吹くたびに仲間が減ってこの木一本になっちゃったもうひとつのハンノキの
仲間。

13_0116_k_hannoki1.jpg

たぶんケヤマハンノキです。たぶんですけど。

13_0116_k_hannoki2.jpg

花もあんまり付かなかったみたいで、実も、大きな木にこれだけ。
元気がないのでちょっと心配です。無くなっちゃうのかなあ?
がんばれ!


こちらもこの公園では、数がめっきり減っちゃったイヌコリヤナギ。

13_0116_i_koriyanagi.jpg

細い枝に小さい赤い芽がびっしり並んでいます。ここにちっちゃい
ネコヤナギ似のお花が咲くんです。

でもやっぱり、台風のたびに数が減っちゃいました。
柳の仲間は根っこが浅いから、風に弱いのかなあ。頑張ってまた、数を増やして
欲しいんだけれど、どうなるかな?


それから、トサミズキの芽。

13_0116_tosamizuki.jpg

お花が咲く直前には丸っこくふくれてもっともっと奇麗な色になります。
楽しみです。



おまけ画像は偶然見かけたモズの男の子。

13_0116_mozu_osu.jpg

モッコクの木の、だいぶ深い木陰にいたから、ちょこっと画像があらいんですが、
でも可愛く撮れました。嬉しいな。偶然の出会いに感謝です(^▽^)。



雲が奇麗だった1/12の写真、今度はなんの冬芽を見ていただこうかな?





posted by はもよう at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。