2013年01月12日

メタセコイアの実

今日も同様の晴天。やっぱり寒気の底は昨日であって今日ではなかったようで、
若干冷え込みは穏やかでしたが、暖かいわけではないので、やっぱり昨日と同様。
今朝は健康さんぽではなく、ただの写真撮りにいつもの公園を一回りしてきました。
今日はとりわけ雲の姿が良くて、長いこと空を見上げていました。なかなか、絵に
なる写真は撮れませんが、清々しい気分になりました。

さて、記事の方は1/10に久しぶりに隣町へ行って撮ってきた写真をまた、数回に
分けてご紹介します。

13_0112_metasequoia1.jpg

隣町の公園へ行く道の途中に立ってるメタセコイア。背高のっぽです。






高いところの枝を仰ぎ見ると、ラクウショウの時に見たのと同じ様なおばなの穂が
揺れているのが見て取れます。

13_0112_metasequoia2.jpg

どういう条件なのかは知らないのですが、だいぶ大きな木にならないと花は付かない
様です。
ラクウショウと同じように、風媒花なので、このあと…3月頃かなあ…パカッと開いて
おしべの先だけ出して、風に花粉を飛ばします。

めばなもおそらく付いているはずですが、5mm程度とのことで肉眼で確認するのは
難しそうです。

タネをこぼし終わったらしい実と2つずつ律儀に向かい合って付いている冬芽の
アップが撮れました。

13_0112_metasequoia3.jpg

めばなも2つずつ向き合って付いただろうけれど、残念、ここの花は一つ落ちて
しまったようです。


同じく道の途中の、以前、このブログでご紹介したノコンギクの所、スイカズラも
参加して、冬枯れっぽい絵になっていました。

13_0112_suikazura.jpg

ケヤキの幹を背景に、半ば丸まりかけたスイカズラの葉っぱとポンポンみたいな
ノコンギクの冠毛です。渋いでしょう〜?(^m^)くすっ。


寒いと散りそびれのセンニンソウも赤っぽくなるんですよね。

13_0112_senninso.jpg

トウネズミモチの幼樹にからむセンニンソウ。去年は、仙人のおひげみたいな種髪
のついた種を撮りそびれました。また頑張ろう。



道はとことこ進んで、公園の横から裏側の北向きの斜面に通じる坂道と曲がり角。
うわ〜、スギの木が真っ赤だよ。

13_0112_sugi1.jpg

後で近くに行けたときに、おばなの咲き具合をカメラにおさめました。

13_0112_sugi2.jpg

ほらほらスギボックリに負けないくらい、びっしりおばながついています。
幸い、まだ開いてはいないけど…。花粉症、今年も大変なのかなあ〜。



ついでに、隣に並んでいるヒノキです。

13_0112_hinoki.jpg

松ぼっくりならぬ、ヒノぼっくりが丸く付いています。
高級食材の下によく敷いてある葉っぱでしょ。



彩りが単調だから今回も、もうちょっと赤いものを探します。
何度か載せたマサキの実が赤くなって、タネを吐き出していました。

13_0112_masaki1.jpg

何本か有るんだけれど、その中でも特に実の付きの良い株。

げんこつ振り上げたように付いた緑の実が熟して、赤くなって四方に割れると
中から赤いタネが顔を覗かせます。

13_0112_masaki2.jpg

こぼれて芽吹くタネも もちろんあるけれど、鳥さんに啄まれちゃうタネも多数。
この日はメジロが群れで来ていました。

13_0112_mejiro1.jpg

私のカメラに収まるくらい、そのくらいいっぱい居たと言うことで…(^^a)

13_0112_mejiro2.jpg

…でも写ったのは一枚に2羽止まり…。見たのは10羽くらいの結構大きな群れ
だったのに(-"-;)。←鈍くさいんです。



そこそこ穏やかで気持ちの良かった1/10。おさんぽはまだまだ続きます。
いつも眺めるおなじみの木々を次々訪ねて近況をリポートしてみよう。頑張るぞ。




posted by はもよう at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。