2013年01月11日

ハンノキの仲間

今日もちゃんと寒かったです。今日が今回の寒気の底だっていう話ですが、まあ、
また一息ついたあとに、次の寒気が来るんじゃないかとは思いますが…(^^;)
雲行きによっては3連休中に雪が降るかもしれないとか、う〜ん、楽しみなような
困るような。

さて、1/6のおさんぽの写真も4回目の今日で最終回。同じ日に見つけたいろんな
モノに、他の日に見つけたおまけもご紹介。

13_0111_o_yashabusi1.jpg

青空にシルエット。これなんだ。






オオバヤシャブシ(たぶん)の枝先でした。

13_0111_o_yashabusi2.jpg

冬芽が大きいから目立ちますね。
葉っぱの芽、お花の芽、それから去年の実。いろんな形のものが付いています。

13_0111_o_yashabusi3.jpg

枝のてっぺんのおばなのつぼみのさらにその先にちっちゃいめばなが咲くはず
なんですが、まだ、ちょっと分かりませんね。



カバノキ科ハンノキ属のお仲間…と言うか、代表種のハンノキも側でスタンバイ。

13_0111_hannoki1.jpg

こちらも葉っぱの芽、花の芽、去年の実のカラと 賑やかな枝先です。

13_0111_hannoki2.jpg

誰も見上げない1月の空に、赤いヒモのよう花の穂を下げます。
まだ堅いつぼみですね。
オオバヤシャブシよりはハンノキの方が早く咲くけれど、お花の穂まで
あと半月くらいかな?

濃い茶色は去年の実のカラ。オオバヤシャブシよりは小さめですが、形は一緒。
仲間の印みたいな共通点です。





あとなに見てなかったっけ? そうそう、去年はモミジバフウが不作で、まだ
実の写真を撮っていなかったような…

あっちこっちで見上げてみましたが、いや、本当に実が少なかったんですよ。
葉っぱが落ちて見通しが良くなって、やっと見つけたのがこのくらい。

13_0111_momijiba_f1.jpg

木のてっぺんにほんのちょこっと。見つからないわけだわ。

13_0111_momijiba_f2.jpg

で、落っこちている中で、出来るだけ傷んでいないのを探してパチリ。
それにしても、本当に面白い形の実ですよね。タネはもうすっかりこぼれちゃって
空っぽですが、この実のカラがオブジェのよう。花材を扱うお店でも取り扱って
いるらしいんですけどね。
去年は不作だったけれど、今年はいっぱい実って欲しいな。



木の実って、良く実る年とそうでもない年がありますよね。
草の実なら、そんなこと無いのに。

13_0111_saotome_b.jpg

やっぱり図体が大きいといろいろ大変なのかな。
ね、いつでも豊作のサオトメバナちゃん。



オニグルミの冬芽もまだまだおやすみ中。

13_0111_o_kurumi.jpg

お日様ぽかぽか暖かそう。
この葉痕、お猿に見えます? 羊に見えます? どっちかな?



この日のラストは枯れ葉をかき分けて確認してきた春一番をつげる花。

13_0111_fukujusou.jpg

まだまだ、出てきたばかりですね。地面に咲くお日様、福寿草のつぼみです。
月末には咲くかしら? 楽しみです。そっと枯れ葉を戻しておきました。
あったかくして早めに咲いてね。(^^*)




おまけ画像は、1/7の七草。スーパーで買ってきたとはいえ、生ですよ。

13_0111_nanakusa.jpg

セリ(芹)もナズナもごぎょう(ハハコグサ)も、申し訳程度の小ささでした。
ハコベばっかりいっぱいあって、注目のホトケノザは、通常の葉の形にもなって
いない、ロゼットの葉っぱっていうか…双葉の葉っぱっていうか…
なんか、そんな感じで、今ひとつピンと来ないんです。
それと、妙に立派なスズナ(かぶ)とスズシロ(大根)。

まあ、でも、ちょっと湯がいて、しっかり水にさらしてアクをとって、おかゆに
混ぜ込んで家族全員に食べてもらいました。これで今年も我が家は無病息災です。


もうひとつは、灯油を買いに行った先の、ガソリンスタンドで撮った写真。
たぶん、いつもおさんぽしている公園でだって、いい加減そろそろ咲いている
はずのビワ(枇杷)の花。

13_0111_biwa.jpg

ここの木の方がいっぱい咲く大木なんですよね。
良い匂いがしていました。冬の初めに咲いて、夏の初めに実るビワ(枇杷)。
甘くて美味しい木の実まで、あと半年。その頃にはどんなことが起きてるかな?



次回からはきっと、1/10に久しぶりに隣町へ行って撮ってきた写真をご紹介する
予定です。
しばらくは、なけなしの被写体をぼつぼつ並べつつ、花咲く春を待つことに
しましょう。






ブログ内関連ページ:

オオバヤシャブシ
2012/ 5/19付 「マルバアオダモの花」 去年の実
2012/ 4/14付 「花あるき」 去年の雄花
2012/ 2/27付 「ネコヤナギとハンノキ」 去年のつぼみ
2009/ 1/31付 「ハンノキの花」
モミジバフウ
2012/12/ 8付 「モミジバフウの葉」
2011/12/14付 「モミジバフウの赤いトゲトゲ」




posted by はもよう at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。

いちばん寒い時季ですね。
そちらは、雪が降るのかな。
こちらも、月曜日に雪マークがついています。

ハンノキかなと思う木が何本か散歩道の川沿いにあるのですが、↑の写真を見てやっぱりそうだと思いました。^^
福寿草の蕾が顔を出してるのですね。
ここでは、ロウバイ…あとは、チューリップの芽が出てきてるかな。

七草で無病息災、いいですね♪
Posted by echaloter at 2013年01月13日 03:41
echaloterさん、こんばんは。
はい、寒いです。
月曜日、ぐずつくのは避けられないみたいです。
雪は…降るかな? 雨交じりでみぞれって感じになるかな?
今日(日曜日)ちょっと暖かかっただけに身に応えそうです。(^^;)

そうそう、echaloterさんのブログでハンノキの仲間を見て
自分ちの近くの木も撮って来ようと思ったのでした。

フクジュソウは順調にふくらんでます(^^*)。
ロウバイ!フランスでもロウバイが見られるんですね。
こちらでも咲いている株有り、未だ蕾の株有り、
結構いろいろです。写真が撮れるところに咲いてないかなあ?
今度探してみます。

チューリップはまだだけれど、スイセンは芽が出ましたねえ。
案外、季節の進み方は変わらなかったりします? そちらとこちら。
なんだか、ブログの写真は暖かそうに見えますが…。

ふふふ…、ほうれん草や菜の花入りの七草がゆも良いかも ♪ です。
Posted by はもよう at 2013年01月13日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。