2012年12月30日

池の氷

雨の一日でした、今日のうちの方。日中、暖房は入れずに過ごしちゃったから、
雪になるほどの気温じゃなかったけれど、寒い一日でした。それでも、今日は
難敵の台所を片付け、あとは明日の買い物とおせち(って言ってもほんの少し)
を用意すれば、暮れの仕事はおしまいです。

さて、今日の記事は寒〜い日の近所の公園で撮ってきた写真から。

12_1230_koori01.jpg

ネタ不足に悩む冬のブログを救ってくれる奇麗な氷。こんな時しみじみ、
近所の公園に池があって良かったな…と思います。





この冬、最初に氷を撮ったのは12/13のこと。

まあ、たまたま私が公園へおさんぽに行かれた日というだけで、もっと前から
見られたかもしれませんが、それはそれ。(^^a)

12_1230_koori02.jpg

池のほとりのラクウショウやらメタセコイアやらの葉っぱも写り込んで
奇麗です。


3段…いや、4段重ねの霜柱。

12_1230_koori03.jpg

たぶん、何日も前から氷が張ってたんだよねと思います。

水分たっぷりなので、霜も見事。

12_1230_koori04.jpg

柳の葉っぱも参加して。あぁ、寒そうだけど、奇麗だな。

池の水面にも薄氷が浮かんでいます。

12_1230_koori05.jpg

氷の向こうの水面には紅葉するメタセコイアが写り込んでいます。



人工の小川では、流れに張り出す氷の端っこが、キラキラ光って奇麗でした。

12_1230_koori06.jpg

本当の北国だったら、氷が張るようになったら日に日に厚くなるばかりかも
しれませんが、ここの池の氷はお日様が出ればあらかた溶けてしまいます。
溶けて凍って…。凍るたび、少しずつ表情を変えて…。

有り難いことにいろんな表情を見せてくれます。寒いけれど、そんな氷を
写真に撮りたくて、冬でもおさんぽは欠かせません。



翌週12/20、人工の小川のほとりで、枯れていく草と伸びていくる霜柱の
対比が面白くて一枚。

12_1230_koori07.jpg

いやはや、見事な大物でした。

12_1230_koori08.jpg

ザクザク踏まれたり、流れの中へホロホロこぼれたり、あっという間に
姿を消しちゃう霜柱ですが、よく見るとこんなに繊細で奇麗です。

蛙や亀が遊んでいたスイレンのあたりにも氷が張っていました。

12_1230_koori09.jpg

長く緑色を保っていましたが、とうとう枯れ色になってきました。
スイレンの葉っぱの上にも、霜が降りるんだなって発見したときの証拠写真
です。



12/20の公園ではもう、ラクウショウの葉っぱも残り少な。

12_1230_raku_meta.jpg

裸木がいっぱい並んで、しばらくモノトーンの世界が続きます。
来年また新芽が吹くまで、氷や霜にもう少し遊んでもらわなくっちゃ。
寒さに負けずに、おさんぽ頑張るぞ。p(^へ^)







posted by はもよう at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。