2012年12月19日

葉っぱが落ちて

今日は風が強かったです。もう、飛ばされそうなくらい(><)。気温が下がった
以上に体感気温が低くて、身に応えました。でも、まあ、暮れとお正月の支度は
着々と進めています。
あ、でも今日はお掃除は進まなかったなあ。明日また、p(^へ^)がんばろう。

さて、記事の方はようやっと12月の写真に入ります。
良く晴れた12/9の朝、隣町へ行って撮ってきた写真から。
まずは、途中で見かけた木の実と(↓これは柿の実)

12_1219_kaki.jpg

このブログでも何度も取り上げている おなじみの木の様子など。





歩き始めてすぐに見つけたのは、葉っぱを落とした桜の木に絡んだ
ツルウメモドキの赤い実。

12_1219_t_umemodoki1.jpg

いっぱい実っているんですけどねえ。

いかんせん遠くて。

12_1219_t_umemodoki2.jpg

なんであんなに高いところにしか実らないかなあ。

ぶつぶつ言いながら、首が痛くなるまで狙ってみました。

12_1219_t_umemodoki3.jpg

周りに黄色っぽい固い殻が付いていて、それが大体3つに割れるんですよね。
中には朱赤の実が入っていて、鳥さん達を待っているんですよ。

花材などにも利用されるので、この時期、花屋さんの方が近くで見られるかも
しれませんが、なかなか可愛らしい実なんですよ。もっと下の方でも実って
くれたらいいのに。

2008/ 5/18付 「ツルウメモドキ」





もうちょっと進んで、今度は先ほどの鈴なりの柿の実。
食べようと思って、摘果したり肥料を工夫したりなんて事と無縁の生えっぱなし
だから、付くだけ実が付いちゃって、みんな小さくてきっとそんなに美味しく
ないのかも。

こちらは真っ赤なハナミズキ。

12_1219_h_mizuki.jpg

やっぱり鈴なりですが、こんなに残っているって
事は、やっぱりそんなに美味しくないのかな?



それから、細かい羽状複葉の葉っぱに…うす黄色の丸い実がどっさり下がって
いるのは万葉の昔からオウチ、またはアウチと呼ばれて親しまれてきた木です。

12_1219_auti1.jpg

黄色くて丸い実がどっさり実る様を千のお団子に例えて、別名はセンダン(千団)。
でも、「双葉から芳し…」の方のセンダンとは違います。
あちらは熱帯の樹木、白檀(びゃくだん)のこと。

12_1219_auti2.jpg

あ、でも、ひっつき虫のセンダングサのセンダンはこっちの葉っぱをさすようです。
端から見るとただの丸い実ですが、中の核の部分は結構複雑な形をしていて、
そのまた中に、5〜6コのタネが入っているという驚きを隠して居るんですよ。
侮れません。

2012/ 6/ 4付 「オウチと栗と」 今年の花
2006/ 2/24付 「センダンの葉痕と種」
2007/10/ 2付 「センダングサ」



さらに進むと今度は、三角錐のメタセコイアと枝だけになっちゃったアオギリが
並んで立っている場所へ。

12_1219_aogiri_meta.jpg

ああ、そうか、両方アジアの木だなぁ。でも、きっと知り合いじゃないよね

メタセコイアはちょうど紅葉真っ盛り。

12_1219_metasequoia.jpg

葉っぱがとっても綺麗でした。
ほらこれがアケボノスギ名物の朝焼け色した葉っぱだよ。




お隣のアオギリは今こんな風。

12_1219_aogiri1.jpg

スプーンの先が5つ向き合う様に付いていた実が落ちて、名残が星のように
見えます。

12_1219_aogiri2.jpg

名前の由来になった青い樹皮の枝には暖かそうな茶色のコートを着た冬芽が
並んでいます。

散った実は、結構高確率で芽を出します。
近くの幼樹のてっぺんの冬芽はお花のような可愛らしい形をしています。

12_1219_aogiri3.jpg

大きな葉っぱが落ちたあと(葉痕)は何かの顔に見えてくる…かな?

2012/ 7/30付 「アオギリの花」 今年の花
2007/ 7/11付 「アオギリ開花」 詳しい解説


「白岩先生の植物教室」内 アオギリの記事
「アオギリ」
*URLが変わっていたので再リンクです。




さあ、目的地はもうすぐそこですよ。今年のお約束として、すぐの隣町の公園へは
入らずに、裏の北向きの斜面の方へ先に回ります。
この日は遅れていたイロハカエデの紅葉が奇麗だったんですよ。






ブログ内関連ページ:

2008/ 5/18付 「ツルウメモドキ」

2012/ 6/ 4付 「オウチと栗と」 今年の花
2006/ 2/24付 「センダンの葉痕と種」
2007/10/ 2付 「センダングサ」

2012/ 7/30付 「アオギリの花」 今年の花
2007/ 7/11付 「アオギリ開花」 詳しい解説







posted by はもよう at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。