2006年12月30日

冬のこずえ

冷え込みが遅れて、木枯らしも吹かなかった12月でしたが、
クリスマスが終わってから急に気温が下がり、風が強く吹く様になりました。
もやもや残っていた枯れ葉達も吹き飛ばされて、
落葉樹達のすっきりした枝振りが目立つようになりました。

これはとある街角のシンボルツリー。
木に下げられた札には「ハナノキ(ハナカエデ)」と書いてありますが、
web検索してみたところ、
どうやら外国産の園芸種、アメリカハナノキの一種のようです。

06_1230_a_hananoki.jpg

紅葉もすばらしかったのですが、カエデの仲間らしい、
きちんと2つずつ向かい合って付いている(対生)枝振りが見事です。



大掃除、もうお済みになりました?
おせち料理の下ごしらえはお済みですか?
なにかと気ぜわしい年の瀬ですが、ちょっと一息つく間、
青空を眺めていきませんか?
空だけですと単調でしょうから、木の枝もついでに見ていって下さいね。
雑巾がけやお料理で かがんでばかり居た腰を、ぐいっと伸ばして…いかがです?




二枚目は、里山のお馴染みさん、エゴノキです。
この木は、年を重ねるごとに姿が変わり、老木は個性的で面白い形になるのですが、
これはまだまだ若い木です。
素直な枝先に 互い違いに並ぶ冬芽が ジグザクの模様を描き出します。

06_1230_egonoki.jpg

若いってコトは素直だってコトなんですね。(^^)




06_1230_keyaki.jpg

こちらは 若いケヤキの木です。
いつもの、ほうきを逆さにしたような枝振りばかりじゃ芸がないので、
ちょっと変わった切り口で、枝が作る模様の妙を楽しんでみました。
細くてこまかい枝を、とりあえずいっぱい出してみました…って感じ?
なんだか、どっちへ行ったらいいのかわからなくて、迷走しているみたいです。
いろいろやって、やってみて…そのうちどうしたらいいのか解る…のかな?



06_1230_kobusi_icho.jpg

こちらはもうちょっと大きい木です。左がコブシで、右がイチョウ。
コブシの枝先には 白い毛皮のコートを身にまとった セレブな花の芽が
たっぷり付いています。ポチポチってついてるの 見えますか?
春先にはこれがみんな、白い花になるんですよ。

右の後ろは大きなイチョウ。力強い枝を円錐形に重ねています。
黄葉、とっても綺麗でした。落ちた葉っぱがたくさんあって
あたり真っ黄色に染めていました。枝振りもとっても、綺麗ですよね。




今回、あちこち見上げてみて、一番気に入ったのはヤマボウシでした。

06_1230_yamabosi.jpg

紅葉も綺麗だったんですけどねぇ。
ほら、木の枝が作り出す模様を見て下さい。素敵でしょう?
葉っぱがあるときは、ハナミズキに似ていたんだけど、
葉っぱが落ちると、こんなに個性的なんですね。
カツラの木 以来の感動です。




06_1230_hanamizki.jpg

最後は、結構大きいハナミズキの木。枝の出方が独特ですよね。
空に向かって開いた 細い指のよう。
線香花火の火花の描いた線を逆さまにしてみてるよう。
地面をつかんで伸びる根っこの方を逆さにしたよう。
不思議で優雅な曲線です。

そして、枝の先には 極小の 
タマネギみたいな形の 花の芽が一個ずつ付いてます。
広げた枝いっぱいに 花を咲かせるのは半年後のことになります。


posted by はもよう at 22:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん いよいよ押し詰まった晩のアップお見事!
「はもよう流・木の枝」写真お見事!
一度、真似しようと試みましたが間抜けな写真しか撮れませんでした。樹木への造詣がないと「写真で勝負」も敵わないと思い知らされました。
一年間ありがとうございました。来年もよろしく。(明日も記事があれば、また伺いますが。とりあえず)
Posted by ひろし at 2006年12月30日 22:29
ひろしさん、こんばんは。
なんですかねぇ、毎日あっという間に過ぎちゃいますね。
あぁ、もぉ、大晦日ですよ。まだ、なんにもやってないのに…。(−”−)

木の枝写真が、上手く行ったのは…たぶん、手頃な木が多いから…?(’’?)
あ、ちがうな、ひろしさんがほめ上手だから、そう言っていただけるだけで、
たいしたもんじゃないですよ。(^^;)
でも、時々、本当に
「きれいだな(〃▽〃)〜*」って思うときがあるんですよね。
冬も楽しい♪木の観察

さ、あと一日、頑張りますっ!!p(^−^)q
Posted by はもよう at 2006年12月31日 00:24
おはようございます。
木の枝というのも、味がありますねえ・・・。
一年の終わりにじっくり見たいものです。
はもよう研究室らしくて良きものです(笑い)。

一年間、ありがとうございます。良いお年を!!
Posted by nakamura at 2006年12月31日 08:18
nakamuraさん、こんばんは。
味があるでしょう?
葉っぱが落ちたら、枝を眺めて過ごすんですよ、私。
この季節、関東地方はよく晴れて、朝に夕に空がとっても綺麗だし、
黒々した枝を眺めて、
イイ感じに出来てるもんだよなぁと感心するのが楽しいんです。
来年も頑張りますので、よろしくお願いします。

nakamuraさん、良いお年を〜♪(^^)ノ
Posted by はもよう at 2006年12月31日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

冬の朝のラクウショウ(落羽松)の気根
Excerpt: ラクウショウの落ち葉はただでさえ赤いのに、冬の朝、まだ低い陽の光を受けて、余計に赤く染まっています。 落ち葉の中から、にゅっと気根が突き出ています。 ラクウショウ(落羽松)ならではの光景です。..
Weblog: ディックの花通信
Tracked: 2006-12-31 11:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。