2012年11月27日

秋の黄色

今日は風が強くて、枝に残った葉っぱが散って散って…。並木道の木陰も
ずいぶん明るくなりました。朝の冷え込みは弱かったけれど、だんだん寒く
なってきました。明日はまた一段と冷えるのかな。

さて、まだまだ続く11/11の写真。今度は‘黄色いもの’を中心にご紹介して
みます。

12_1127_katura.jpg

ヒマラヤスギの前のカツラの木。散らばった丸い葉っぱが、やっぱり可愛いな。





曇り空の公園で、ちょっと渋い色合いのコブシ。

12_1127_kobusi.jpg

鮮やかに色付いた公園も、曇り空のせいでちょっとスモーキートーン。



アキニレの枝先に並んだ実と葉っぱも黄色。

12_1127_akinire.jpg

やっぱり渋い色ですね。日当たりが良いと、もうちょっと赤くなるけど、
黄色が基本色。



公園を彩っていた萩の茂みも今黄色。

12_1127_yamahagi1.jpg

赤紫だったお花はこんな地味な実になりました。

12_1127_yamahagi2.jpg

マメ科ではありますが萩の仲間は、あんまりお豆らしい実にはならない
ところが特徴です。



隣の低木は山吹。

12_1127_yamabuki.jpg

秋の葉っぱは、花と同じように黄色くなります。



公園にそろっているシデ三兄弟も、一度黄色く色付きます。

12_1127_inuside.jpg

これはイヌシデ。薄くて光をよく透す葉っぱです。

それから、三兄弟の中では一番大きいクマシデの葉っぱ。

12_1127_kumaside.jpg

葉脈がはっきりくっきり並んでいるのがチャームポイント。

こっちはアカシデ。

12_1127_akaside.jpg

イヌシデよりも、クマシデよりも小さい葉っぱです。
一度赤くなるけれどアカシデだけは、あとで朱赤になります。



曇りの日の公園は色が深く見えますね。
だから、赤い色はより切なげに見え味がありますが、黄色はやっぱり
青空と一緒の方が清々して奇麗かなあ?



11/11の写真はこれでおしまいです。
今度はすっきりした晴れの日の写真を載せたいな。







posted by はもよう at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。