2012年11月21日

ゴンズイの実を見に

今日は良いお天気でしたね。でも私は家事を集中してこなさなきゃいけない日
だったので、空を見る暇もなく、結構忙しかったです。あ、でも、このあと
お天気が下り坂だと聞いて急いで干したお布団が、ふっかふかで気持ち良かった
んでした。やっぱり、お日様の力は偉大だなあ。(^v^*)

さて、記事の方はちょっぴり進んで11/11のおさんぽで撮ってきた写真へ。
この日は、いつもおさんぽしている公園の向こう側の雑木林へ、いつもの
ゴンズイを見に行ってきたのでした。

12_1121_gonzui1.jpg

赤い実が弾けて、中から黒いタネが覗いていましたよ。





いつもおさんぽしている公園から、ほんのちょっと足を伸ばすと、とある施設の
フェンス沿いに、まるで檻の中の動物を眺めるかのように雑木林の木々を眺め
られる場所があるんです。施設の中に立ち入ることは出来ませんが、広い敷地の
端っこで、手が行き届かないらしく放置され放題で、自然のままの雑木林の
姿が眺められるんです。

私も入れませんが、他の人も近づけないわけで、草刈りもゴミの放置もなく、
楽しく自然な林の姿を眺められる ♪ お気に入りの観察スポットなんですよ。

12_1121_gonzui2.jpg

で、ここには私の行動範囲の中で唯一のゴンズイの木があるんです。

そろそろ花が咲いたかな、実が出来たかなと言っては見に来るので、毎年
同じ様な写真と記事になってしまうのですが、また、あのゴンズイを
見て来ました。


地味な紅葉でしょ、暗い赤です。

12_1121_m_rukoso.jpg

ちょうど、手前のフェンスにからんだマルバルコウソウの葉っぱみたいに。



関東から西に分布する、ミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉高木。
まあ、相変わらずっちゃあ、相変わらずです。(^^A)

12_1121_gonzui3.jpg

しかも、近づけないので、同じ枝しか撮れないです。
この日は曇っていたのでちょっと鮮やかさに欠けますが、まあ、こんなもの
でしょう。

しかし、葉っぱがツヤツヤですねえ。とても落葉樹の葉っぱには見えません。

12_1121_gonzui4.jpg

初夏に咲いていた地味な花が赤く実って熟すと割れて、黒いタネを出します。
赤と黒の強いコントラストが鳥さん達の目を惹くのかしら?
…って、ことは鳥さん達はこのタネを食べるのかしら?

あんまり役には立たない木らしいので、人が植えたんじゃないくて鳥さん達が
種まきをしたんだろうから、やっぱりこのタネを食べるのよねえ。美味しいかな?



そういえば…カラスウリも、だれかが食べてタネを蒔くのよねえ。

12_1121_karasu_u.jpg

やっぱりカラスかな?
人間の目からは、食欲がわく姿じゃないけれど、鳥さんから見たら美味しそう
なのかしら?



雑木林の他の葉の方が、一足早くに黄色くなっていますが、ゴンズイの葉も、
このあと、黄色くなってから落葉します。

12_1121_gonzui5.jpg

暗い赤が、ゴンズイの紅葉じゃないんですよ。
もしもご近所でゴンズイを見ることが出来たなら、是非、とても奇麗な晩秋の
姿も、見てあげてくださいね。


ゴンズイのご近所はたとえば…野良ナンテン。

12_1121_nanten.jpg

実がだいぶ赤くなってきました。
庭先の小さな株からは想像できないくらい大きな茂みに育ってますよ。

それから、大きな木の根元にはノイバラの赤い実。

12_1121_noibara.jpg

普通のノイバラもテリハノイバラも、実になっちゃったらそっくりで、見分け
られないだろうけれど、これはたぶん普通のノイバラ。
テリハちゃんのはどれなのかなあ?


この日も、曇り空の下、結構たくさん写真を撮ったんですよね。
また、のんびりペースでご紹介していきますね。良かったらお付き合い下さい。




posted by はもよう at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。