2012年11月20日

イチョウの枝

今日は日差しがあってちょっとだけ暖かくなった気がしました。お日様の力は
偉大ですね。それでも、紅葉はだんだん落葉へと移り変わっていて、朝、
掃除していた歩道が 昼にはもう落ち葉でいっぱいになっていました。
どっさり散ったら、秋も終わっちゃうのかな('、'?)

記事の方は11/8にいつもの公園で撮ってきた写真のラスト。

12_1120_icho01.jpg

今年もまた、枝を曲げて隣の木と譲り合うようなジェントルマンなイチョウを
見に行ってきました。





一枚目の写真は、まっすぐな枝が可愛らしい若いイチョウですけどね。

ジェントルマンなイチョウはいつもおさんぽしている雑木林ゾーンに立って
います。大きな木ではありますが、もっと大きい木はいくらでもあるから
大木とは言えないけど、

12_1120_icho02.jpg

なかなかのボリュームです。

この日はリハビリに一息ついた年配のご婦人が旦那様と木の下のベンチに
座っていらっしゃいました。まっすぐ前を向いて、お話もされずに。
何を見ていらっしゃたのかな?




そして、がっしりした幹に寄りかかって見上げると、こんな感じ。

12_1120_icho03.jpg

枝の先がカーブしています。

あっちの枝も、

12_1120_icho04.jpg

こっちの枝も、

12_1120_icho05.jpg

ぐいーっと曲がって、弧を描いています。

我先にと日差しを取り合って押し合いへし合いするような雑木林の他の木の
枝とは違って、譲り合っているように見えるので、ジェントルマンなイチョウ。



お隣はケヤキ。

12_1120_keyaki1.jpg

葉っぱと葉っぱが重なりそうなほど、枝が近い。

12_1120_keyaki2.jpg

ケヤキの幹から、こずえの先。



反対の隣はサクラ。

12_1120_sakura1.jpg

赤く色付いた枝先が奇麗ですねえ。

12_1120_sakura2.jpg

太い幹から、細い枝が上に向かって伸びています。

12_1120_sakura3.jpg

葉っぱがキラキラ光って奇麗だな。



青葉の頃も奇麗だったけれど、紅葉が始まってからはさらに素敵な雑木林。
色とりどりの葉っぱに光が透けて、ステンドグラスのようだなと毎年感心する
んです。お天気が良いとさらに奇麗ですね。すっかり散ってしまうまでの
つかの間のお楽しみ。今年も、惜しみつつ堪能中です。



posted by はもよう at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。