2012年11月05日

赤い実、赤い葉

今日は朝のうち曇っていて、寒かったです、うちの方。お昼頃からちょっと
日が差しましたが、結局寒かったですよねえ。明日は雨が降ってさらに季節が
進みそう。そういえば、もう11月なんですものね。風邪ひかないように気を
付けなくっちゃ。

さて、今日の記事は11/1に撮って来た木の写真。

12_1105_kurogane_m.jpg

そろそろ赤くなってきた河原のクロガネモチ。





それから、河原のハゼノキ。こっちは葉っぱが赤くなってきたハゼノキ。

12_1105_hazenoki.jpg

実は灰色でジャラジャラ下がっています。
「小さい秋」のお歌に出てくるように入り日色になる頃また、見に来られたら
いいな。



河原を後にして歩く道すがら、道ばたの植え込みに、実がいっぱい付いた
モッコクを発見。

12_1105_mokkoku1.jpg

可愛い赤い実。どっさりですねえ。
梅雨の頃咲いた地味な白っぽい花が、今頃、こんな実になるんですよ。

12_1105_mokkoku2.jpg

整いやすい樹形に ピカピカで常緑の葉っぱ。
新芽も奇麗だけれど、古くなると赤くなる葉っぱも良い感じ。
赤い実はやがてビリビリに破けてタネを落とします。



街にいっぱい立っている街路樹のケヤキもいつの間にか色付いていました。

12_1105_keyaki.jpg

大きなケヤキ、真っ赤っかですね。奇麗だなあ。
後で並木の方も見に行こうと思ったりして…。(^^;)




何度も見に行った場所で、別の木だとばっかり思っていた低木に、初めて
花が咲いているのを見ました。

12_1105_nawasiro_g1.jpg

うつむいた地味な花、外側についた点々…これってグミの花ですよねえ。
何グミかな? 
web検索、いろいろして見つけた名前がナワシログミ。

12_1105_nawasiro_g2.jpg

グミ科グミ属、
中部以西の本州、四国、九州、中国に分布する常緑の低木…っていうから、
自生するにはちょっと東すぎるな、うちの方。きっと誰かが植えたんですね。
稲刈りが盛んな10月頃咲いて、苗代を作る4〜5月頃に実るんですって。
写真で見たけれど、実は食べられるそうですが、表面が星状毛で覆われていて…
そんなに美味しそうではありませんでした。
いや、実物を見たら印象が違うかもしれない。忘れないで見に行きたいな。




おまけ画像は、途中で見かけたシュウメイギク。

12_1105_sumei_g1.jpg

ぱあっと奇麗に咲いていました。ちょっと盛りをすぎっちゃったけれど、
まだたくさんのつぼみが付いています。

12_1105_sumei_g2.jpg

優しい曲線を描く茎と丸っこいつぼみが可愛いな。
シュウメイギク、秋が終わるまで咲いているかな?




11/1の最後の記事は、色付き始めたケヤキ並木からの近況報告。
たまには頭上にも目を向けながら おさんぽしませんか。



posted by はもよう at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチのまわりのモッコクも今年は実が鈴生り。
きれいですよね。
 
ヤマボウシの実もそろそろ食べ頃、フフフ。
そうそう、やはり近所にナワシログミの木(たぶん)があるのですが、私、食べてます。
普通のグミよりかなり渋いです。
そして、公園の棗は実が緑で少し太るとすぐに持って行かれちゃいます。
Posted by ヤマボウシ at 2012年11月06日 21:04
ヤマボウシさん、こんばんは。
モッコクの実って、真っ赤で可愛いですよね。
可愛いのに、このあとびりびりって破けちゃうのもったいないですけど。

ヤマボウシの実 ♪ そうだ、食べ頃ですよね。まだ食べたことはないけれど。
どこかで色づいているかな?探してみよう(^v^*)。
ヤマボウシは紅葉も色とりどりで大好きなんですよ。

ナワシログミ食べたこと有るんですか?
渋いんだ。
へぇ〜、私も食べてみようかな?来年。

へえ、棗をねらっている人が居るんですね。
うちの方の公園ではちっちゃい栗の争奪戦が熾烈です。
こぼれるそばから拾われちゃいます(^^;)。

Posted by はもよう at 2012年11月06日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。