2012年11月01日

クサギの実

いやあ、ここのところ、日に日に寒くなりますねえ。そういえば、夜が明けるのも
遅くなって、ちょうどベランダの植木に水をやる頃、朝日が昇ってきます。
このあいだは朝焼けの光を浴びてピンクに染まる富士山が見られて、それはそれで
嬉しかったですが、早起きもだんだん辛くなってきます。
今まで以上に早寝早起きp(^へ^)頑張らねば。

さて、とうとうストックを全部使い切っちゃったので、今日は近所の小さい河原へ
行って、写真を撮ってきました。

12_1101_kusagi1.jpg

まずは色付きはじめていたクサギの実とナツヅタの葉。





このあいだ行ったのは10/6で、10/15から3回にわたって記事にしています。

2012/10/15付 「ミゾソバの花」


相変わらず、ヒヨドリジョウゴはちょっとずつ赤くなっていたし、

12_1101_h_jougo.jpg

ヤマノイモの葉は黄色く色付いていたし…

12_1101_yamanoimo.jpg

すぐそばに…たぶん…ノコンギクが咲いていたりしたけれど。

12_1101_nokon_g1.jpg

近づいて確認できない場所で咲いているんですが、

12_1101_nokon_g2.jpg

一本の茎からたくさん枝分かれしている咲き方から、おそらくノコンギクだと
思います。



去年も眺めたクサギの実ですが、散らばっているのは河川敷のコンクリートで
固められた土手の下の方。

明るい緑色のガク(萼)から白い花冠が飛び出して、優雅に咲いていたクサギでしたが、
受粉が済んで花冠が落ちると、一度、ガク(萼)を閉じて実の準備をするんですよね。

改めて開く頃には ガク(萼)は濃いめのピンク色に変わり、中から、自然界には
あんまり存在しない色の 青い実が顔を出すんですよね。

12_1101_kusagi2.jpg

毎年見てるけれど、やっぱりその変化の大きさには感心しちゃいます。

クサギの木自体は頭上遙か上方の土手のてっぺんに生えています。

12_1101_kusagi3.jpg

手元で見ることは出来ない代わりに、ここでは実ひとつひとつの色に目が行きます。
宝石みたいな奇麗な青い実ですが、結構、色の違いがあるんですね。



それから、この日、目立っていたのはノブドウの実。

12_1101_nobudo1.jpg

カラフルになって来ましたねえ。

緑、ピンク、紫、水色、藍色、白…

12_1101_nobudo2.jpg

いろいろ眺めることが出来て幸せです。

サオトメバナの細かくて金色の実と一緒に。

12_1101_nobudo3.jpg

ほんの数時間のこの日のおさんぽでしたが、見事なノブドウには、この後もまた
出会いますので、また見てくださいね。



今度は何回分くらいのシリーズになるかな。
良かったら、のんびり、おさんぽ気分でお付き合い下さい。(^v^*)






posted by はもよう at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。