2012年10月24日

草の穂と紫苑の花

今日は良いお天気でした。洗い立ての空に富士山が、近所に引っ越してきたみたいに
くっきりと見えました。風は若干強めだったけれど日差しがたっぷりあって日中は
暖かでした。

さて、10/13に撮って来た写真シリーズ、3回目の今回は草の穂とお花を見ていただき
ましょう。

まずはエノコログサの仲間の穂。

12_1024_k_enokoro.jpg

日差しを集めて暖かそうに見えました。
金色の小さな穂だったから、コツブキンエノコロかもしれません。








いつもおさんぽしている公園、人工の小川のほとりのツンツンした草に綿毛が
開いていました。

12_1024_m_karukaya1.jpg

メリケンカルカヤです。

ちょっと前まで緑色だったのに、すっかり秋の色に変わっています。

12_1024_m_karukaya2.jpg

綿毛が広がって、ほら、暖かそう。



こっちの緑一色にしか見えない草むらは、草丈短いコブナクサ。

12_1024_kobuna_k1.jpg

こんなサイズの写真じゃ分かりにくいかな。

魚のフナ(鮒)に例えられるような小さい葉っぱに小さい穂。

12_1024_kobuna_k2.jpg

可愛らしい草ですよ。



そうそう、水辺のトサミズキにそっとからんでいたスズメウリがだいぶ熟して
白く色付いてきました。

12_1024_suzume_u1.jpg

分かります?結構いっぱい実っているんだけど。

もうちょっと拡大してみましょうか?

12_1024_suzume_u2.jpg

ほら、トサミズキの大きな葉っぱの陰に、コロコロした実が下がっているでしょう。

つるも葉っぱももうすっかり枯れちゃっているけれど、小さな白い瓜はまだ、
みずみずしくって可愛いです。

12_1024_suzume_u3.jpg

これをスズメの卵に見立てて スズメウリって言うんです。
まあ、原物を見れば、エンドウ豆?って聞きたくなる小ささですけどね。
今年も見られて良かった ♪


最後は花だんのシオン(紫苑)。背の高い紫色の菊の花です。

12_1024_sion1.jpg

ただ、この株は小さかったです。見下ろして撮っちゃった。紫苑らしくない(^^A)。

キク科シオン属の特徴はすんなり細めのガク(萼)…本当は総苞…と、花のあと
綿毛になるところ。

12_1024_sion2.jpg

綿毛にはまだなっていなかったので、とりあえず、すんなり総苞をパチリ。
横顔も美人だね。




今朝は放射冷却もあって、だいぶ冷え込みました。さんざん鳴いていた虫の声も
あんまり聞こえません。秋がまた一段と深まっちゃったみたいですね。
また、写真撮ってこなくっちゃ ♪ おっと、その前に撮り貯めた写真をみんな
見ていただかなくっちゃね。頑張ろう、私。p(^へ^)






posted by はもよう at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。