2012年10月16日

ヒヨドリジョウゴの花

今日は曇りの朝からの、申し分のない秋晴れ。こんなお天気がしばらく続いてくれた
ら嬉しいけれど、なかなかね。明日は夕方から下り坂だって言うし。
様子見していたキンモクセイの香りがようやく立ってきました。雨に流れなきゃ
いいですねえ。

さて、記事の方はまた、家の近所の河原の花の続き。

12_1016_juzudama1.jpg

こちらはジュズダマ。







艶やかな実が楽しみなジュズダマのお花です。

12_1016_juzudama2.jpg

不思議な形の花ですね。



河原にいっぱい咲いていたのはタマスダレの白い花。

12_1016_tamasudare.jpg

きっと初めはかだんのお花だったんでしょうが、野良ニラと一緒で、あっちこっちに
勝手に群生しています。



河原をずっとおさんぽしていて折り返しのあたり、去年見つけたヒヨドリジョウゴ。

12_1016_hiyodori_j1.jpg

まだ花が咲いているし…

12_1016_hiyodori_j2.jpg

艶っぽい実はまだ緑色。

12_1016_hiyodori_j3.jpg

赤くなっている実は少ないです。

12_1016_hiyodori_j4.jpg

少ないって言うことは、盛りはこれからって言うこと。
楽しみですね。



ヒヨドリジョウゴのご近所さんはイタドリ(虎杖)の大株。

12_1016_itadori1.jpg

木みたいな大きな草に小さいお花がどっさり〜。

12_1016_itadori2.jpg

中秋の名月の頃にお花が咲いて、そのお花が赤みを帯びているのは紅イタドリとか
明月草とか呼ばれるんじゃなかったかな。



帰り道で見かけたのはアオツヅラフジの若い実。

12_1016_aotudura_f1.jpg

初めてアオツヅラフジを覚えた頃によく観察した道ばたのつる。

12_1016_aotudura_f2.jpg

まだ、からんでいたんだねえ。
この緑色の実が青くなって、黒っぽくなるほど熟すと巨峰のように見えます。
ただし大きさはおままごとのお人形さん用ってくらい小さいですけどね。



いいお天気、ひさしぶりの近所の河原。短い間だったけれど楽しいおさんぽ
でした。
後は、木の仲間の写真を見ていただきましょうねえ。




ブログ内関連ページ:

2011/11/19付 「ヒヨドリジョウゴ」
2011/11/ 4付 「大柚香菊と鵯上戸」






posted by はもよう at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。