2012年10月14日

ハグロソウの花

今日は午前中は日差しがあったけれど、午後からは雲が多めのお天気です、うちの方。
ここのところ急に気温が下がったので夏服と冬服を入れ替えるついでに、衝動的に
シーツや何かを片っ端から洗濯機につっこんでしまった私としては…今後のお天気の
行方が気にかかります。雨…降りませんよねえ?←誰に聞いてるの?

さて、記事の方は前回の記事でご紹介したナンテンハギと一緒に咲いていた他の花。
まあ、これはここにもあったユウガギク。

12_1014_yugagiku.jpg

今回は撮らなかったけれど、イヌコウジュも咲いていました。さて、土手の斜面を
もうちょっと歩きます。何が咲いているかな?






同じ様な河原でも、うちの近所よりは川も大きいし自然度も若干高いこちらの河原。

2012/ 9/29付 「ヒガンバナの岸」

2011/10/ 2付 「彼岸花咲く河原」

土手には桜並木があって、ヒガンバナが咲いて、ナンテンハギにも会えました。
シャクチリソバも咲いていました。

2012/ 9/29付 「河原の蕎麦の花」

↑ 9/29の記事ではスルーしちゃったあの花もまだ咲いていたので、ちゃんと撮って
きました。

12_1014_a_sendan_g1.jpg

シャクチリソバの群落に、一緒に咲いていたアメリカセンダングサ。

緑色の花びらみたいな がく(総苞)の可憐なセンダングサ。

12_1014_a_sendan_g2.jpg

コセンダングサに押されて、あんまり数は多くないけれど、たまにあちこちの河原で
見かけます。
やっぱりトゲトゲボールみたいなひっつき虫になりますが、アメリカセンダングサの
タネ(痩果)は幅広(扁平なくさび形)なのが特徴的。
水に浮くタネを蒔きやすい川のそばに生えるのが好きなんじゃないかって説もある
そうです。

タネが出来る頃また見に行ってみようかな。



土手の斜面に、ナンテンハギじゃない、紫色の花発見!
あ、隣町でおなじみのアキノタムラソウだ。ここにも咲いていたんだね。

12_1014_aki_tamura_s.jpg

周り中の草丈が短くて歩きやすい…と言うことは、最近草刈り隊が通ったはず。
小振りで小さいアキノタムラソウでした。

そのちょっと向こうに、また別の 赤紫色の花を発見!!
ありゃまありゃま、お山でしか会ったことのないハグロソウが咲いてます。

12_1014_haguro_s1.jpg

お山の渓流沿いで見たのは大きな株だったけれど、ここのはちっちゃくて地面に
へばりついてて…あれ〜?こんな葉っぱの花だったかな?

12_1014_haguro_s2.jpg

でも、これだけユニークな(2唇形)お花は他にはないはず。

花びら2枚だけ、上下にくるんと巻いたように合わさって。
花の中には黒っぽい模様が付いています。これが名前の由来のお歯黒に見立てた模様。
もうひとつの説は、葉っぱが黒っぽい暗緑色なので「葉黒草」。
葉っぱはどこかなあ?

12_1014_haguro_s3.jpg

あ、これこれ、この ↑ しゅっと長い葉っぱがお山で見たのと同じ。
でも、草刈り直後だからかも。丸こい葉っぱも有りでした。
検索してみると、お花の苞が、丸っこい葉っぱ2枚合わさったのとそっくりな形を
しているから、お花の苞だったのかもしれません。つぼみは見なかったけれど…。
そして日当たりが良すぎたのか、葉っぱはあんまり黒っぽくなかったです。

それでもこれはハグロソウ。
キツネノマゴ科ハグロソウ属、湿った半日陰などに生育する多年草。
久しぶりの再会に嬉しくなっちゃいました。元気に咲いててね。また見に来るね〜。



思わぬ発見に気をよくしての帰り道。だめ押しでもうひとつ見つけちゃいました。

12_1014_n_azami1.jpg

だいぶ小振りのノハラアザミ。春に咲くのはノアザミで、秋咲くのはノハラアザミ。
ガク(萼)っぽいところ(総苞)がべたべたして無くて、総苞片がトゲトゲ目立って
いるのがノハラアザミの見分けポイントだそうです。

小さいのはやっぱり刈られちゃった後だからでしょうね。それでも綺麗なお花は
大きな株のと一緒です。

紫色のはおしべの集合体で筒のようになっているそうです。中にはめしべと花粉が
詰まっていて、虫さんがやってくるたびに少しずつ花粉を出して運んでもらっていた
そうです。

12_1014_n_azami2.jpg

花粉を配っている間、めしべさんはところてんの押し出し棒役をもくもくとこなして、
こうやって、突き抜けちゃって初めて、めしべとしての仕事…よその花の花粉を受け
取る…を始めるのだそうです。自家受粉を避ける工夫。ちゃんと備わって居るんですね。

優しくて切ない秋色のはな、ノハラアザミ。
また来るね、奇麗な綿毛をみせてもらえるといいなあ…。

2008/11/ 3付 「ノハラアザミの綿毛」



気になった草の葉から、いろんな野のお花に出会えました。
身近にいいところがあって良かった。また時々覗いてみよう。
すっかり味をしめちゃった、物好きおばさんなのでありました。(^^*)えへへ。





ブログ内関連ページ:

2011/10/ 2付 「彼岸花咲く河原」 去年の様子
2012/ 4/15付 「さくら堤」 今年の春
2012/ 9/29付 「ヒガンバナの岸」
2012/ 9/29付 「河原の蕎麦の花」
2010/ 8/ 7付 「渓流沿いの花」
2008/11/ 3付 「ノハラアザミの綿毛」





posted by はもよう at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノハラアザミの夫婦共同作業にいささか感激。
任せろ!と飛び出た紫のおしべに、しおらしくも夫の事を重ね、チョイ感謝した私でした。
Posted by ヤマボウシ at 2012年10月15日 10:58
ヤマボウシさん、こんばんは。
わあ、ノハラアザミに花が思いがけず、
旦那様への感謝につながっちゃいましたか。

意図したことではなかったとはいえ、お役に立てて幸いです。←え?

お花ごとのいろんな工夫にも目を向けると、また、
興味深かったりもするんですよね。(^^*)
Posted by はもよう at 2012年10月15日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。