2006年12月15日

今年のケヤキ

昨日は久しぶりに都心に行ってきました。
用事は健康診断だったのですが、ついでに新宿のビル街も少し歩いてきました。

ものすご〜い数の高層ビルが建ち並ぶ 都庁付近の並木はイチョウとケヤキ。
特にケヤキは立派な木も多く、目につきました。
いつだったか、話題になったニレハムシの被害も収まっていたようで、
枯れ葉がたくさん、ビル街の風に吹かれていました。

代わって、こちらは我が家の近所の今年のケヤキです。

06_1215_keyaki1.jpg

枝先の葉を金色に染めて、たくさんあった葉っぱも残りわずかです。




並木道もすっかり淋しく、そして明るくなりました。
名残の紅葉を見上げようとして、ふと、違和感を覚えました。
黒い枝、金の葉っぱのそのまた向こう、もやもやっと茶色いものはなんでしょう?

06_1215_keyaki2.jpg



今年のケヤキは、まだ、実の付いた小枝を散らしていなかったんです。
ケヤキの種は小枝に付いたまま、竹とんぼのように風に乗って
遠くまで運ばれるものです。
他の年ならば、街の木が紅葉を始めるよりずっと前に、飛ばすのが普通でした。

まだ、おおかたの葉が青々しているのに、
枝先だけ枯れ葉色に変わってしまい、びっくりしたこともあります。
でも、今年は種が散らなかったので、
ドングリも不作だったし、ケヤキも実が付かなかったのかな?と思っていました。

おおかたの葉が落ちて初めて、枝の先にまだ、実が残っているのが見えました。

06_1215_keyaki3.jpg

都心のケヤキにも、たくさんの実が残っていましたから、
この傾向は、うちの近所のことだけではないようです。



ここのところの北風で、やっと地上に降ってきました。
これが茶色いもやもやの正体、ケヤキの種付きの小枝です。

06_1215_keyaki4.jpg

小枝の葉の根元には、このように↓いびつな丸い種がしっかり付いています。

06_1215_keyaki5.jpg

風に乗ってくるくると、実に良く飛びますよ。
この実、なかなかの発芽率で、街路樹の根元でもたくさん芽を出していますし、
我が家の苗ポットでも数株が押しくらまんじゅうしています。

鳥たちにとっても貴重な食料になっているようで、
去年は、キジバトがついばんでいるのを見かけました。



最後は落ち葉の背比べ。

06_1215_keyaki6.jpg

今年は強剪定されましたので、あわてて出した大きな葉っぱが目に付きました。

木の葉って本当に、大きさがまちまちですねぇ。
大きいのは私の手のひらよりも大きいです。暖かそうな色に染まってますね。
小さいのは、爪の大きさくらいのからありますが、
今回のおチビちゃんは、2〜3cmはあったかな?(^^)

本当は、大きな葉っぱが出るのは、木がピンチの時なんですけれど、
大きな落ち葉は、なんか、大らかでイイ感じ♪



逆光で黒々見える枝越しに、湿気のぬけた すこーんと青い空♪
ああ、もう、お正月も間近だな♪と思って、この年になってもわくわくします。
別にお正月だからどうと言うこともないんですけどね。
でも、何となくうきうきしていた子どもの頃の気持ちが、よみがえってくるんですよね。

ちなみに健康診断の結果は、今のところ異常なし☆でした。
さぁ、やることいっぱいあるけれど、p(^^)qがんばるぞ。





サイト内関連ページ  「おなじみの木」>「町の木」> ケヤキについて

ブログ内関連ページ:
2006/11/29付 ケヤキ並木
2006/11/22付 鉢植えの冬支度
2006/11/ 1付 紅葉さんぽ
2006/ 4/12付 我が家の鉢植えたちの今
2006/ 1/24付 冬のこずえの様子
2006/ 1/ 5付 新年のごあいさつ
2005/12/27付 双葉ちゃん達
2005/11/ 9付 音楽会♪
2005/10/ 7付 ケヤキの様子
2005/ 8/ 4付 セミの声の観察


posted by はもよう at 13:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜。
明日、家の近くに大きなケヤキがたくさんあるので、実が残っているかどうか確認してみます。
実が残っているということは、
寒さが来るのが遅いからですか?
これも異常気象なんですかね・・・

ケヤキの葉の背比べ。
面白いですね!
Posted by bigtree at 2006年12月17日 22:37
bigtreeさん、こんばんは。お返事遅れてごめんなさい。

はい、実が残っているかどうか、見てみてください。
何だか今年は、木の花が咲く頃に雨が多かったり、
秋の冷え込みが遅れたり、
何となくメリハリが足りません。
ケヤキの実も、
散っていいよ!と言うサインを見逃しちゃったのかもしれません。

木って同じようでいて、結構、毎年、少しずつ様子が違うんですよね。
こうやって記事にして残しておけば、何年か後には
原因と結果を 類推できるかな〜?なんてね。

ケヤキの葉っぱの背比べ♪
面白いでしょ。同じ木の葉なのに、すっごく違うんですよね。
そんなこんなも面白いです。
今度は何を比べようかな。(^^)
Posted by はもよう at 2006年12月22日 00:51
●近くにケヤキ並木がたくさんあるのに、
タネは見たことがなかったです。
前にパラパラ降ってくる小枝がきれいなので、
散歩に行くたびに集めてきたことがありましたが、
あの小枝はタネと共に舞い落ちたものだったのかも。
観察眼がたりません。
本当に、酷い強剪定があると、次に出てくる葉は、
首をかしげるほど大きな葉でした。
なにも考えずにボウッと見てました。
そうだったんですね。
年末年始だけは、小さなこどもになって、
すごしたい気分ですね。
あのわくわく、今でも覚えています。
こどもはわくわく、おとなはヘトヘト。
でも嬉しい顔をみる喜びは特別ですね。
あと一息、がんばりましょうね。
Posted by るな at 2006年12月27日 15:56
るなさん、こんばんは。
ね、意外に、見ているようで目に入っていないものですよね。
ケヤキの並木のそばに住んでいても、興味がなければ
私だって、見過ごしていたと思います。
今度はよくよく見てみて下さいな。(^^)

今年のクリスマスは、大人って損だなって思いました。
お正月も、どうやらバタバタしているうちに終わっちゃいそうです。
ほんと、子ども達は楽しめばいいんだから気楽でうらやましいですよ。
もう少し、あと一息。そうやって、自分の父母も頑張って来たんでしょうね。
子ども達の嬉しい顔を見るために、大人はもうひと頑張りしなくっちゃ♪
コメントありがとうございました。
Posted by はもよう at 2006年12月27日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。