2012年09月29日

河原の蕎麦の花

今日は良く晴れて良いお天気でしたよ、うちの方。台風の被害に遭われた地方も
あったというのに申し訳ないほどの。明日の午後からこっちも荒れるというので
ベランダの片付けもしました。さんぽにも行ったし、娘とサイクリングがてら
大きなショッピングモールにも行ってきたし、結構、活動的に過ごしました。

さて、記事の方はヒガンバナと一緒に撮って来た写真。
畑から逃げ出して野生化しちゃった蕎麦の花を見ていただきましょう。

12_0929_kawara.jpg

黄色い花はキクイモの仲間。雨がちょっと降って水量は十分です。




1つ前の記事でご紹介したヒガンバナと一緒に咲いていた…矢印の所…白い花つぼみ。

12_0929_shakutiri_s1.jpg

あ、あの花も咲いてる。

開いたお花はな有るかな? 

12_0929_shakutiri_s2.jpg

ここにあったのは…これ ↑ かな?

上の方は ↓ まだつぼみ…(残念)

12_0929_shakutiri_s3.jpg

あ、下の方のは ↓ 咲いてました。

12_0929_shakutiri_s4.jpg

お花がこんな風に穂になっています。

これはシャクチリソバ。
もともとは、健康によい成分を含んでいると言われて畑で栽培されていたんですよ。
でも、もっと適した品種が有ったんでしょうねぇ。いつの間にか栽培されることは減り
ましたが、野に逃げ出して河原などを中心に野生化しています。

お花がとっても綺麗なので、とびきりのクローズアップを狙いたいんです。
でも、この株はちょっと遠いんです。もっと近くで撮れるお花は無いかな?

12_0929_shakutiri_s5.jpg

こんなに咲いているんだから、きっと写真撮るのに適した株があるよ。
河原をあちこちさまよいました。

シャクチリソバの特徴はホームベースみたいな形の5角形の葉っぱ。

12_0929_shakutiri_s6.jpg

タデの仲間なので、奇麗だけれど、あの白いのは花びらじゃなくて、ガク(萼)。

三角形の蕎麦の実が実っても、時々付きっぱなしだったりします。

12_0929_shakutiri_s7.jpg

ああ、有りました。おしべのヤク(葯)がピンク色で可愛いでしょう?

12_0929_shakutiri_s8.jpg

ついつい毎年追いかけちゃうんですよね。今年も撮れました。嬉しいなあ。





今日もいっぱい頑張りました。だから今日の記事はこれでおしまい。
明日もまた、p(^へ^)がんばります。





ブログ内関連ページ:

2011/11/ 4付 「大柚香菊と鵯上戸」
2011/10/26付 「河原のタデとソバ」
2011/ 6/17付 「ネジバナ咲いたよ」
2010/10/23付 「別の河原」

2005/11/18付 「蕎麦の花のその後」




posted by はもよう at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わが家のシャクチリソバは、昨年今年とどうもよくありません。最盛期はとてもきれいで、マクロで撮るとこのピンクの葯がじつに美しかったのですが…
Posted by ディック at 2012年10月04日 20:56
ディックさん、こんばんは。
あら〜、楽しみだったのに。
マクロで撮るとことのほか美しい花のひとつですよね、シャクチリソバ…
って言うか、蕎麦の花はみんな。
暑かったのがいけないのかな〜。それとも水不足?
来年は綺麗に復活してくれると良いですね。(^v^)
Posted by はもよう at 2012年10月05日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。