2012年09月16日

隣町のどんぐり

今日は雲が多くてちょっと気温が下がりました。久しぶりの30℃以下。
涼しいと体が楽ですよね。だからと言うわけでもないんですが、また、実家に
行って、両親の顔を見てきました。暑い夏だったけれど、元気でいてくれて
ありがたいと思います。ついでって言ったらなんですが、お墓参りも済ませて
来ました。来週はもうお彼岸ですものねえ。

9/8に隣町まで行って撮ってきた写真。今日は隣町のどんぐりの実り具合を見に
行ってみました。

12_0916_mukunoki.jpg

こちらはムクノキ。
公園裏の北向きの斜面から、公園に戻る裏口の谷に立ってるいつもの大木です。






隣のケヤキを見上げるとこんな感じ。
葉っぱもだいぶ黄色っぽくなってきたみたい。

12_0916_keyaki.jpg

手前の黒っぽい陰はたぶんシロダモ。



谷の底には雨上がりにだけお水の流れる沢がありますが、ここのところの小雨の
影響ですっかり干上がってました。

12_0916_k_botan.jpg

でも、キツネノボタンは小さな花を開いていたし、

12_0916_mituba.jpg

お花や若い実を眺めたミツバも 実が弾けてタネをこぼしていました。



裏口から公園に戻ってドングリの木が並ぶ雑木林ゾーンへ。
まずは地面のどんぐりをチェック。チョッキリ調査員、ここでも良い仕事しています。

12_0916_donguri.jpg

まるまる太って、良いどんぐりですねぇ。

ライオンのたてがみみたいなはかま(殻斗)に包まれたクヌギどんぐり。
まだコロコロしているコナラどんぐり。



うずくまったついでに、林床の草の葉っぱにも目が行っちゃった。
何度も眺めたこの菱形の葉っぱ、ヒメジソですよね。

12_0916_himejiso.jpg

これからここに地味な白い花が咲く予定です。楽しみだな。



見上げるとコナラの枝のどんぐりはこんな風。

12_0916_konara.jpg

クヌギは…こっち向いているのを見つけられなかったけれど、

12_0916_kunugi.jpg

こんな風に枝に付いています。
去年咲いためばなが、今年大きくなって居るんですよ。


どんぐりの林には樹液酒場もオープンしていました。でももうそろそろ、今年最後の
営業日が近づいて居るみたい、黄色と黒のしましまの例のやつはまだやって来る
けれど…

12_0916_suzumebati.jpg

他の昆虫の姿はほとんど見られませんでした。


夏中、樹液をたっぷり出していたコナラの幹。
またお前か!な蝶々が止まって居ます。(^m^)

12_0916_satoki_m_h.jpg

サトキマダラヒカゲですね。
破けた羽に夏を生き抜いた貫禄が現れちゃってます。お疲れ様。



そうそう、この日、公園の管理センターの前で発見しちゃいました。

12_0916_hamayu1.jpg

鉢植えのハマユウ(浜木綿)が、もう、お花の盛りを過ぎて実が出来ていたんだ
けれど…初めて知りましたよ…ハマユウの実って、小さなタマネギみたいな形なん
ですね。

12_0916_hamayu2.jpg

いやあ、意外だったなあ。

2011/ 7/28付 「浜木綿と何これ草」


さて、おさんぽはもう一度、北向きの斜面に戻ってさらに続きます。
今度は秋のお花をたくさん撮ってきました。





posted by はもよう at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハマユウはわが家にありまして、実を支えきれずに次々に倒れるから、開花した様子を撮ると立派に見えても、近くへ行くとなんかだらしない(笑)
Posted by ディック at 2012年09月18日 20:59
ディックさん、こんにちは。
ああ、そうそう、ディックさんのお庭のハマユウをブログで
見せていただきましたっけ。
実、大きいんですねえ。あの後どういう風に熟すのか、
ちょっと知りたい気分です。( ^v^)
Posted by はもよう at 2012年09月19日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。