2012年09月13日

道ばたの秋の草

今日も今日とて、以下同文…なお天気でした、うちの方も。(^^A)いや〜、ちっとも
秋が来ませんねえ。それでも今日は窓の外に赤とんぼの大群が来ていました。
朝はいつもの公園へおさんぽに行って、ついでに少々、走りました。ちょっと間が
あくと体が重く感じます。コンスタントにでられると良いんですけどね。

さて、写真の方は今日から、9/8に隣町で撮ってきたものに移りましょう。
長いこと、保留になっていた工事が本格化した隣町への道の途中。
群落を眺めた道ばたの草むらがまた一部、アスファルトの下になって、消えてしまい
ました。今まで楽しませてくれてありがとう。

12_0913_a_kingojika1.jpg

こちらのアメリカキンゴジカの群落も風前の灯火。





一日のうちの1〜2時間くらいか咲かないお花でしたが、危機が迫っているのを
感じたのかな?いつもよりお花が多いような気がします。

12_0913_a_kingojika2.jpg

ほら、こんなに簡単に咲いてるのが見られるお花じゃないんだけど。
アメリカ原産の帰化植物、アオイ科のアメリカキンゴジカ。

12_0913_a_kingojika3.jpg

アメリカキンゴジカの群落も無くなりそうです。まあ、このての草はしたたか
だから、きっと別の場所で生き延びるだろうけれど。

2011/ 8/30付 「秋の気配2」
2010/10/18付 「道ばたとフェンスで」
2008/10/16付 「アメリカキンゴジカ」
2006/10/26付 「アメリカキンゴジカ」




お気に入りの葉っぱ、マルバヤハズソウの群落も見納め間近。

12_0913_m_yahazu_s.jpg

ヒシバやエノコログサも混じって、素敵な模様になっているけれど、いつまで見せて
もらえるかな。



久しぶりにベニシジミに会いました。

12_0913_benisijimi.jpg

真夏の間には見かけなかったのにね。避暑にでも行ってた?




すでにカタツムリの楽園と化していたクワの木も大きなヨーロッパトウヒも、数々の
若木の行列も、ノイバラの茂みもみんなみんな切り払われて、道になっちゃうんです。

大きな木が切り払われた後、急に出来た草むらがすっかり秋の顔。

12_0913_o_inutade1.jpg

粒々した白い小花は、珍しく真っ白なママコノシリヌグイ。

12_0913_mamakono_s.jpg

長い花の穂は、こちらも珍しく白いオオイヌタデかな?

12_0913_o_inutade2.jpg

どっちもピンク色の方が一般的なんだけれど、なぜかこの辺ではみんな真っ白。

タデの仲間は見分けが難しいんだけれど、

12_0913_o_inutade3.jpg

葉っぱの付け根、托葉鞘って言う部分が無毛なのがポイント。

粒々した花の穂は、実が並んでいるように見えるけれど、

12_0913_o_inutade4.jpg

ほら、よ〜く見ると咲いてますよ。

あっちこっちの花の穂を写真に撮っていたら、可愛いカメムシちゃんが写り込んで
居ました。

12_0913_akahimeheri_k.jpg

検索したら、アカヒメヘリカメムシって言うのが似てるかな?



9/8の写真はいっぱいあるんですよ。
今度は木の写真を中心にご紹介しますね。




ブログ内関連ページ:

2011/ 8/30付 「秋の気配2」
2010/10/18付 「道ばたとフェンスで」
2008/10/16付 「アメリカキンゴジカ」
2006/10/26付 「アメリカキンゴジカ」

2012/ 7/21付 「ヤブに咲く花」
2009/ 8/12付 「北向きの斜面の白い花」
2006/ 7/18付 「ママコノシリヌグイ」





posted by はもよう at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。