2012年09月11日

萩の花

ちっとも暑さ遠のきませんねえ。まあ、昨夜の暑かったこと。(××;)
あんまり寝付かれないので夜中に一度起きちゃいましたよ。で、ふと窓の外を見たら、
星がとっても綺麗でした。しばし、夜風に吹かれて天体観測。未明の星は少し季節を
先取りして居るんですね。もう、オリオン座やスバルが見られました。良いものは
見たけれど、寝不足で今日は一日難儀しました。今夜はよく眠れますように(-人-)。

さて、記事の方は9/6のおさんぽで見たその他の花をとりとめなく並べてみます。

12_0911_susuki.jpg

まずは、葉っぱに黄色い斑が並ぶタカノハススキ。穂が出始めました。






タカノハススキの近くには、これから紅葉シーズンまで咲き続ける西洋アサガオ。

12_0911_s_asagao.jpg

までご紹介してきた野生の朝顔よりも、一年生が夏休みに育てるのよりも、
ずっと大きい園芸種です。



夏の間元気を無くしていたシモツケも、また勢いを取り戻して色鮮やかに咲き
始めました。

12_0911_simotuke1.jpg

梅雨の頃、盛んに咲いていましたが、これからうんと寒くなるまでちょっとずつ
咲いて、公園を利用する人々の目を楽しませてくれます。

12_0911_simotuke2.jpg

水玉も似合う可愛いお花。バラ科の落葉低木です。



また撮って来ちゃったのは、外国産のドングリ。レッド・オーク(たぶん)は
もうこんなに大きく育って…。

12_0911_redoak.jpg

ピン・オークはさらに可愛さを増しています。

12_0911_pinoak1.jpg

葉っぱがカタカナのキの字に似ているって所、写してきました。

12_0911_pinoak2.jpg

ねえ、日本のドングリの木にはない葉っぱの形ですよね。



蝉のお宿になった水辺のラクウショウには根元に咲いたマンリョウの花が実って
若い実になっていました。、

12_0911_manryo.jpg

粒々でツヤツヤです。
うっかり芽を出しちゃった場所はとんでもない所だったけれど、豊穣の印の縁起物。
赤い実どっさり実るといいな。



最後はヤマハギです。

12_0911_yamahagi.jpg

公園の大きなヤマハギの植え込みは小さなハムシに食べられて、葉っぱが
穴だらけになっちゃったんですが、秋の声を聞いて、だいぶ元気を
取り戻しつつあります。じつは、夏のうちから咲いていたお花も、いよいよ
秋風に映えるようになりました。



次は樹液酒場の最終回かな?






posted by はもよう at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。