2012年08月31日

エンジュとタラノキ

今日は途中で真っ黒い雲が広がったから、にわか雨を期待したんですけどねえ。
やっぱり、カラカラ、あつあつ(^^A)で以下同文なお天気でした、うちの方。
ひと雨欲しいところですが、この週末は息子の学校の文化祭。在校生として最後の
文化祭。ここはひとつ良いお天気を(-人-)お願いしたいところです。

8月も今日でおしまいと言うことで、HPの「季節のごあいさつ」も新しいものに
変えておきました。ずっと会いたくて去年やっと会えた憧れのお花の写真。
良かったら見てやってくださいね。

さて、今日の記事は真夏の木の様子をご紹介して、8月の最後の記事とします。

12_0831_enju1.jpg

青空に映えるのはエンジュの花。






花の名前としては、ハリエンジュの方が有名かもしれませんが、こちらが
その名のもとになった針のない方のエンジュです。

2006/12/ 7付 「街の樹たち その3」 エンジュ 基本情報
2007/ 8/ 30付 「エンジュの花」

マメ科クララ属の落葉高木。故郷の中国では学問と権威の象徴だそうです。

12_0831_enju2.jpg

じつはもう盛りを過ぎちゃってました。

12_0831_enju3.jpg

一生懸命探して、まだ綺麗に咲いている花を撮ってきました。
ちょこっと丸っこいマメ科らしいお花。

このあと、ポコポコ膨らんだ面白い形の豆のさやをたくさんぶら下げる予定です。



近所の公園、向こうの空き地にちょっと遠いんですが、白く煙った木が見えました。

12_0831_taranoki1.jpg

ウルシの仲間で、大きな羽状複葉を広げる木は結構似ていますが、それぞれ
お花の咲く時期がちょっとずつずれています。真夏に咲くのはタラノキ。
秋風吹いたら、ヌルデの木です。

だから、時期から言って、たぶんあれはタラノキ。
白い花を撮ったつもりで、家に帰ってパソコンで拡大しましたが…

12_0831_taranoki2.jpg

ありゃ?もう、実になりかけてる?ちょっと遅かったみたいです。
ありゃ、残念。



どんぐりの育ち具合はどうかな?
オトシブミの仲間のチョッキリという小さい虫たちは、若い実に卵を産み付け、
枝ごと切り落とします。チョッキリが落とした枝を見れば、背の高いドングリの木の
こずえの上の実り具合が見て取れます。

小さなどんぐり調査員、チョッキリ隊員の報告書を探しながら、雑木林を歩いて
みました。

8/19では、コナラのどんぐりは見あたりませんでしたが、クヌギの方はほんのいくつか
落ちている枝がありました。

12_0831_kunugi.jpg

葉の付け根、去年受粉に成功したどんぐりは、今年このくらいまで育ってきました。
鳥の巣みたいな殻斗から、中身がちょこっと覗いています。

カシどんぐりはまだ枝に付いてます。

12_0831_kasi.jpg

シラカシですと言い切れないぞ感の残る微妙な葉っぱ。シラカシ8割+アラカシ2割。
細い葉っぱのカシの木どんぐりはまだまだ赤ちゃんですね。



桜と一緒に咲いていたエノキはもう朱色の小さな実をどっさり付けています。

12_0831_enoki.jpg

木の実が少ない夏をじっとがまんしていた鳥さん達が楽しみにしてるかも。
これから、実りの秋ですが、ちょこっと早めに実ってくれる実があると、みんな
助かりますよね。




8月は今日でおしまいで、暑すぎた夏も次第に冷めていくでしょう。
今日はブルームーンだそうです。少しだけ 優しくなった夜風に吹かれて、
秋を迎える英気を養いましょう。
さあ、9月もひきつづき、p(^へ^)がんばるぞ。



posted by はもよう at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンジュとタラノキ、捜したことがありませんでした。
わからない木として見過ごしていた可能性大です。
シラカシ、アラカシ、エノキなどは根岸森林公園にありますが、そろそろ実の確認に行かないといけませんね。
Posted by ディック at 2012年09月01日 16:05
ディックさん、こんばんは。
そうですか?
タラノキは春先に、
猛烈にトゲトゲした枝先の新芽が山菜として注目を集めますが、
葉っぱが出そろっちゃうととたんに見向きもされなくなりますからね。
今、白く泡立つように花を咲かせ、若い実を多数つけている頃かと思います。

エンジュは案外、身近な街路樹や公園樹に採用されていることが
多い木です。
これも今、白く目立って咲いていますし、これから後は
ぽこぽこした面白い形の豆のサヤがいっぱいぶら下がって
見間違いようのない姿になりますので、どこかで行き会えたら、きっと
解ると思いますよ。(^−^*)

秋はみのりの季節ですからね。樫や榎にとどまらず、
あっちこっちの木の実の熟し具合が気になりますねえ(’、’?)。
Posted by はもよう at 2012年09月02日 00:55
エンジュを昭和記念公園で見てきました。
困るのはアラカシとシラカシ。葉が微妙に違うのを見分けたことにしてよいのか。違うのが並んでいないとわからないくらい。でも細いのと少し幅広の葉とがある。どんぐりまでそっくりじゃないですか。
Posted by ディック at 2012年09月07日 21:27
ディックさん、こんばんは。
昭和記念公園ですか。何でもありそうですものねえ。
エンジュを見て頂けて良かったです。
学問と権威の象徴ですよ。なんか、有りがたかったでしょ?

アラカシとシラカシは紛らわしいものが多いですよね。
造園業者さんも、同じ所に植栽されすぎて交雑種が多いって
言っていらっしゃいました。

なので、最近の私は、アラカシらしさ何%、シラカシらしさ何%で
表現してみようかなと思い始めています。
どっちがどっち? きっと気が合う良いコンビなんでしょうね(^m^)。
Posted by はもよう at 2012年09月07日 23:12
おさんぽおじさんです。
今日、大阪の枚方、北山緑道でこれはシラカシ、これはアラカシと歩きながらつぶやいて
行くと「んっ、これはどっち?」と戸惑うような葉っぱとどんぐりにたくさん出会いました。「ひょっとして雑種もあり!?」と思って検索してみるとこのページにたどりつきました。雑種もありか、納得です。
Posted by てるてる at 2012年11月14日 23:22
おさんぽおじさんのてるてるさん、
はじめまして。
はい、そうらしいです。
だいぶ前にこちらにコメントを下さった
造園業界の方が仰ってました。

自分の印象では、雑種かどうかの他にも、
アラカシの方が葉っぱの形の決まりがゆるいって
言うのもあるかな?と思い始めています。

とかなんとか言ってもまあ、素人の戯れ言の範疇です。
適当に参考になさってくださいね。(^^*)
Posted by はもよう at 2012年11月14日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。