2012年08月30日

花だんの蝶々、林の蝶々

はい、今日も以下同文です。相変わらず、日中は強烈な日差しに灼かれちゃいますが、
朝夕はだいぶ涼しくなったと思います。気づけば秋の虫の声が草むらから聞こえてくる
様になりました。か細いカネタタキの声も、今年初めて聞こえました。今夜はお月様が
奇麗だし、きっともうすぐ夏は終わると思います。夏の疲れで体調を崩さないように
気を付けたいですよね。

さて、写真は8月半ば、いつもおさんぽしている公園で撮ってきた虫さん画像から。

12_0830_tumaguro_h1.jpg

蝶々を中心にご紹介しますね。まずはツマグロヒョウモンのメス。
キバナコスモスの花だんに来ていました。







羽の端が黒いのがメスなら、羽全体がオレンジ色なのがオスのツマグロヒョウモン。

12_0830_tumaguro_h2.jpg

綺麗な模様ですよね。

一回り小さい蝶々はモンキチョウ。

12_0830_monki_t.jpg

羽裏の真ん中に黒い紋と、白い紋が付いているのがお約束。



ついつい、外国産のドングリの木にばかり注目していましたが、在来のコナラや
クヌギで賑わう雑木林にも 樹液に集まる蝶々が居ましたよ。

12_0830_satoki_janome.jpg

← サトキマダラヒカゲと → ジャノメチョウです。
仲良くして居るんじゃなくて、樹液が出てくるポイントを奪い合っているんです。
野生の世界は厳しいよ。(^^*)



この夏、何度も通っているピン・オークの根元の樹液酒場。
この日はサトキマダラヒカゲがごっちゃっと。

12_0830_satoki_m_h.jpg

あ、7匹いたのに一匹飛んじゃった。
雨の後だったので、樹液がたくさん出ていたのかな?相当、混雑していましたよ。
前の記事のカブトムシのお嬢ちゃんも、お食事中でした。



でも、この日の主役はなんと言ってもこれ。

12_0830_karasu_a1.jpg

雑木林を歩いていたら、大きな黒いアゲハがすいーっと飛んでいくのが見えたん
ですよね。遠いけれど、大きいから見失いもせず跡をつけられます。
そっと近づくと、池のほとりの石畳のようになったところで給水中でした。

遠くから、次第に間合いを詰めてだんだん近くへ…。何枚も撮って気づいた、
グリーンからブルーに輝くメタリックな羽。カラスアゲハじゃないの。

とびきりの画像を撮りたくて、少々粘りました。
去年、とっても素晴らしい一枚をゲットしては居ますが、

2011/ 9/ 2付 「蝶のうらはら」

今年もとびきりの一枚が撮れました。

12_0830_karasu_a2.jpg

はい、池のほとりの石畳に給水に来ていたカラスアゲハ。
うっとりするような羽の光沢。豪華で美しい特別なアゲハです。


明日でとうとう8月もおしまい。カレンダーは変わっても、まだもうちょっと、
厳しい残暑は続きそうです。どちら様もご無理なさいませんように。
今日は、もらい物のスポーツドリンクを飲みました。
やっぱり、そのために開発されただけあって、体の中がしっかり潤った気がします。
食わず嫌いしてないで、こんな酷暑の夏には、思い切って取り入れてみるのも
良いかもしれませんね。どうかくれぐれもご自愛下さいませ。







ブログ内関連ページ:

2010/ 8/16付 「花に来るチョウ」
2011/ 9/ 2付 「蝶のうらはら」
2010/ 8/25付 「樹液に集まるチョウ」



posted by はもよう at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
カラスアゲハ、とっても素敵に撮れましたね〜(^^)//""""""パチパチ
私はマンションの庭で姿を見るクロアゲハも撮れた試しがありません(~_~;)
モンキチョウもバッチリ!ですネ。
こちらも数日前からカネタタキの声が聞こえています。
朝晩、秋の気配が漂うこの頃です。
Posted by winc at 2012年09月02日 19:19
wincさん、こんばんは。
はい、カラスアゲハがとってもよく撮れて嬉しかったです。
給水中は結構逃げないです。
でも、やっぱり写真の腕よりは、チョウチョのおかげかな?

朝晩は過ごしやすくなりましたよね。
Posted by はもよう at 2012年09月03日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。