2012年08月27日

ヤマノイモの花

今日もやっぱり、以下同文なお天気でした。夏休みもあと4日。いや、我が家の
高校生は一足早く明後日から登校。暑いのもいい加減にしてもらわないとね。

さて、今日の記事はやっと見られたヤマノイモの花。

12_0827_yamanoimo1.jpg

ほら、サオトメバナのつると一緒にからんでいます。





いつもの公園へおさんぽしに行く途中、フェンスからこぼれたつるに咲いてました。


すっと通った葉脈に、長細いハートの葉っぱ。そこに白い粒々の花。

12_0827_yamanoimo2.jpg

この夏、なかなか出会えなかったヤマノイモのおばなです。
今年は写真を撮りそびれちゃうかと思いました。出会えて良かった。

オニドコロの仲間とは、全く違うお花の色と形。

12_0827_yamanoimo3.jpg

つぶつぶっと上を向くのがおばなです。


めばなは下を向きます。
めばなを見つけたのは公園の花だん。

12_0827_yamanoimo4.jpg

後で 実になる部分が付いためばなが つるにぶら下がっています。

12_0827_yamanoimo5.jpg

おばなが立ち上がり、めばなが垂れ下がるところはオニドコロの仲間と一緒ですが、
花らしい形になっていないところ、開ききらないところはヤマノイモのおばなと
一緒です。

12_0827_yamanoimo6.jpg

涼しげでしょう?
このあとは、丸を3つ貼り合わせたような形の実になります。
タネには翼がついて、風に乗って良く飛び広がります。



他のつるも見てみましょう。
こちらはガガイモ科の とっても地味なつる、コイケマの葉っぱです。

12_0827_koikema.jpg

お仲間のイケマはもうちょっと華やかなお花を咲かせるのですが、このコイケマは
開ききらない地味な花しか咲かせないし、それにこの場所、すぐに刈られてしまう
ので、なかなか大きくなれないんです。
地味でもやっぱりガガイモ科。奇麗な葉っぱがお気に入りです。(^−^)




それからスズメウリ。園内の人工の小川のほとり、トサミズキにからんだスズメウリ
のつるに花が咲き始めていました。

12_0827_suzumeuri1.jpg

近づけない場所にあるので今の精一杯でこのくらいにしか撮れませんが、

12_0827_suzumeuri2.jpg

詳細画像は過去記事をご参照下さい。(^m^)

2009/ 8/28付 「公園のスズメウリ」



お盆過ぎの雑木林の林床に目立ち出すこんな草。

12_0827_inokozuti1.jpg

茎の先にもさもさしたものが付いています。

12_0827_inokozuti2.jpg

この草はやっぱりイノコヅチ。


こっちはなんだろう。

12_0827_y_tabako1.jpg

今、思いついているのは去年、隣町の公園で見かけたヤブタバコ。

2011/ 8/23付 「ヤブタバコなど」

でもなあ、ここの黄色い花が咲くまでは断定できません。

12_0827_y_tabako2.jpg

過去記事の写真と見比べても微妙だし…。
でも、興味を持って見守ると、いろいろ面白い発見も出来るから、今後の成り行きが
楽しみです。草刈り隊に刈られなければ、今後も気にして見ていこうと思います。






ブログ内関連ページ:

2009/ 7/17付 「山の芋と鬼野老の花」
2007/ 7/16付 「コイケマの花」
2009/ 8/28付 「公園のスズメウリ」
2011/ 8/23付 「ヤブタバコなど」







posted by はもよう at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。