2012年08月18日

フェンス前の虫

昨夜から降りだした雨が、一日降り続くのかと思いましたが…午後からは急速
回復で、入道雲もくもくながらの晴れ模様となりました、うちの方。
あーっ、でも、あの雲の下は土砂降りですよね。大事無いようにお祈りします。
連日、高校生につきあって早起き、夜更かしを繰り返していたら、ちょっと
くたびれちゃいました。今日はぐーたら休養しました。明日からまたp(^へ^)、
頑張ります。

さて、記事の方はここのところ連日ご紹介していた、近所の雑木林前のフェンス。
8/1の写真から、今回は虫さんを集めてのご紹介です。

まずは ↓ 空振り写真。ジンガサハムシに遭遇して以来、穴ぼこの空いた
ヒルガオの葉っぱをめくり続けてきましたが、

12_0818_hirugao1.jpg

この日はなにやら虫の姿を捉えました。金ぴかじゃないけど…







あ、虫を嫌いな方がうっかり開けちゃってもすぐにはごつい虫が表示されない
ように、先に、この日、一番に見た蝶々をのせておきますね。

12_0818_onaga_a1.jpg

何がいけなかったのかなあ。道路脇で飛ぶに飛べないで居た黒いアゲハです。

12_0818_onaga_a2.jpg

鳥に襲われたか、うっかり車と接触しちゃったか。

ま、鈍くさい私としては こんなアクシデントでもなければ接写できない
貴重なチャンス。被写体の不幸も顧みず、撮っちゃいました。
オナガアゲハですかね?自慢の尾羽が傷んでいて可哀想ですが
優雅な姿を撮らせてもらいました。




さてさて、冒頭のヒルガオです。フェンスに元気にからむヒルガオの葉。
穴だらけの葉っぱと同じつるの先です。
最近数を増やしている 横に張り出したコヒルガオじゃなくて、細長い
元祖ヒルガオの葉。

12_0818_hirugao2.jpg

じつは、もう、ジンガサハムシのお仲間たちには、他の種類でも、なかなか
会えなくなっていて、出会うにも旬って言うものがあるんだなと 思い始めて
いたんです。
ジンガサハムシが目当てではなかったのですが、他にもヒルガオの葉っぱを
穴だらけにする虫が居るんですよ、たぶん。
それはなんの虫かな?という興味はありました。


お花はまだ咲いていなかったけれど、穴ぼこだらけの葉っぱの付け根を探ると
確かに虫の姿。だいぶ度が進んじゃった老眼(^^;)じゃ分かんないけれど、
カメラに納めてあとで確認すればいいさ。

12_0818_hirugao3.jpg

で、撮ったのがこれ。
家に戻ってパソコンで拡大して…ピントが甘いなあ…

あちこち調べて分かりました。なんだこれ、ホオズキカメムシの幼虫じゃん。

12_0818_hirugao4.jpg

葉っぱを穴だらけにする虫じゃなくて、茎の汁を吸う虫の幼虫でした。
ちぇっ、空振り〜。また、探してみようと思います。



で、他のはなんの虫が居たかというと…そろそろ目立ってきたクモの仲間。

こちらは、巣の隠れ帯が特徴的な ナガコガネグモで…

12_0818_n_kogane_g.jpg

もちろんジョロウグモも、そのスリムな体を、巣の中央でスイングさせて
ましたよ。

12_0818_jorou_g.jpg

ナガコガネグモの方が見かける時期は早めで、ジョロウグモの方が遅め
なんですよね。ジョロウグモの方はまだ小振りで、あんまりちゃんと
撮れませんでしたね。ま、これから、秋深まるまでずっと、たくさん、
居るので、チャンスはまだありますよね。



それから…、必ず写り込んじゃうアシグロツユムシの幼虫ちゃん。
でも、今回の子は今まで見た幼虫ちゃん達とちょっと違うんです。

12_0818_asiguro_t1.jpg

ちょっと色が薄めって言うか、あんまり足黒くないけど、アシグロちゃんで
OK?

↓ こっち、なじみ深いアシグロツユムシの幼虫ちゃんね。

12_0818_asiguro_t2.jpg

あっちこっちの差し色が、だいぶ黒いでしょ?

で、↓ こっち。今回の幼虫ちゃん。

12_0818_asiguro_t3.jpg

とっても綺麗だけどね。色が薄めでさらに宝石みたい。

羽が出来はじめているから、成長していく(若齢から終齢に近くなる)と
こうなるのかもしれないけれど、違う虫かもしれません。
いろいろ検索してみたけれど、よく解りません。でも、まあ、奇麗だから
いいっか。(てへっ)



最後は白いお花とセセリたん。お花に埋もれて幸せそうねえ。

12_0818_t_seseri.jpg

茶髪っぽい羽の色だから、チャバネセセリですかねえ?
ぬいぐるみみたいなお顔が撮れるところまで接写できたらもっと良かったん
だけどね。



お花も虫も 盛りだくさんだった8/1の写真はこれでおしまいです。
なんだかんだ言っている間に、8月も下旬になろうとしていますね。
学生さんはそろそろ宿題に手をつけた方が良い頃合いですねえ。

さて、宿題の日々から解放されて幾久しい私は…今度は何の写真を見ていただ
こうかな。



ブログ内関連ページ:

2008/10/26付 「秋の虫たち」 ホオズキカメムシ
2012/ 6/ 2付 「ジンガサハムシ」



posted by はもよう at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
ジンガサハムシ、ホオズキカメムシにはまだ出逢ってません^^;

アシグロツユムシ、ホント、宝石みたい!^^バックのアサガオの色の効果もあるのか?より素敵〜♪
Posted by winc at 2012年08月19日 09:50
wincさん、こんばんは。
ホオズキカメムシは会えなくてもたいして残念でもない
地味な虫ですが、←こらこら
金ぴか綺麗なジンガサハムシには会って頂きたいですねえ。
梅雨時のヒルガオの葉っぱにご注目下さいね。(^▽^)ノ

ね、アシグロちゃん、綺麗でしょ?
家に帰ってパソコンで拡大して、感動しちゃいました。(〃▽〃)〜♪
Posted by はもよう at 2012年08月19日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。