2006年11月30日

カエデいろいろ

とうとう、11月も今日までですよ。忙しかったなぁ。
でも、来月の方がもっと予定が詰まっているんですよ。
大掃除して、クリスマスツリーも出したいのに、出来るかなぁ…。

そんなこんなで、今日も、
買い物のついでに見上げた街路樹の写真です。
偶然カエデの仲間が3種揃ったので、まとめてご紹介です。

最初は、イロハカエデから。

06_1130_i_kaede.jpg

当日来られなかった人たちが、ぽつりぽつり七五三参りに来ていた鎮守様の
ようやく色づき始めたイロハカエデです。





カエデはそっくりさんが多いし、園芸種も多いので、
もしかしたら違うかもしれません。間違っていたらごめんなさい。
写真のカエデは少し日陰になるところで育っているので、
あんまり赤くはならないようです。



イロハカエデよりは、ほんの少しふっくらしているのは、街路樹のカエデ。

06_1130_o_kaede.jpg

図鑑とにらめっこして、web検索して…一応…たぶん、オオカエデかなぁ?
イヤ、全然自信ないけど。←おいっ!
これも、真っ赤ではなく、橙色どまり。でも綺麗です。



雨の日、落ちたカエデの葉と駐車場の錆びた鎖…。

06_1130_otiba.jpg

今様の 錦絵ですかね。(^^;)
偶然こんな風に落ちていたんです。絵のような…って思いましたよ。



ついでに↓こっちの、何使うのか解らない四角いくぼみを額縁がわりに、
赤い葉っぱを置いて、周りにこの辺の落ち葉を集めて〜

06_1130_tokaede1.jpg

この、先が3つに分かれている葉は、トウカエデのものです。
鮮やかですね。

06_1130_tokaede2.jpg

大きな木はこんな風に、枝先の赤、幹の近くの緑、真ん中の黄色というように、
色づきます。街路樹として、人気の木ですよね。



しゅっしゅっと細長く伸びた枝の先のアップです。

06_1130_tokaede3.jpg

幹は、杉の木のように皮が細くはがれるタイプ。

カエデの葉と同じような形の葉の植物は数多いのですが、カエデの仲間の印は、
葉が2つずつ向きあってつくこと(対生)と、実がプロペラの形になること。
カエデの名のもとは「蛙手」が変化したものと言われますが、
カエデの仲間には、蛙の手の形とは違う葉っぱの木もあるんですよ。


明日から12月。先生も走る「師走」の幕開けです。
あぁ、ぞっとするほど忙しそう。風邪ひかないように頑張らなくっちゃ。


posted by はもよう at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
いよいよ師走ですね・・・(笑い)。
せいぜい楽しみましょう!!
Posted by nakamura at 2006年12月02日 08:11
nakamuraさん、こんばんは。
はい、楽しみましょう。(^^)
nakamuraさんも、充実した師走がお楽しみになれますように♪
Posted by はもよう at 2006年12月02日 18:36
根岸森林公園のカエデが何カエデなのかよくわかりませんが、どれもほぼ完全に黄色か、ほぼ真っ赤なのですよね。色混じりのオレンジ色がない。
そういうのは写真に撮りやすいです。絵にもなりやすい。

と思っていたら、馬の博物館の「ノムラモミジ」がオレンジ色。上から三枚目のような感じです。ノムラモミジって、春は深紅、夏は黄緑、秋はオレンジ色で、一年に3回楽しめます。
Posted by ディック at 2006年12月03日 14:11
ディックさん、こんばんは。
なかなかコメント残せず、ごめんなさい。
でも、ディックさんの写された紅葉の写真はみんな
見せていただきました。
大池公園のカエデの写真、綺麗でした。
あんなにいっぱいカエデの木があっていいですね。

この写真を撮ったとき、境内のカエデはほとんど緑色でした。
今はどうかな?見に行けたらまた、写真を撮ってみますね。

春 赤くて、夏 黄緑で、秋にはオレンジになる
ノムラモミジって言う品種があるんですか。
それは素敵ですね。近所にないかな?今度探してみます。
Posted by はもよう at 2006年12月03日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。