2012年08月10日

いろんな葉っぱ

今日も猛暑はひと休み。でも夕方くらいから蒸し暑さも若干戻ってきました。
いやあ、もう十分に蒸されたから、今度はちょこっと風に当てて乾かして
欲しいなあ。週末はお天気崩れそうな我が家の方。ペルセウス流星群の
見頃もあるのに、夜空のご機嫌はどんなかな?

さて、今日も7/29にいつもの公園で撮ってきた写真から。

12_0810_turu.jpg

フェンスに絡まるつる草。秋口に花が咲くつる草がどんどん目立ってきました。
あとは何に会えるかな?






フェンスの向こうにはマムシグサ。

12_0810_mamusi_g1.jpg

「ツンツン 二代目」↓ ってご紹介したあの株には実が出来はじめていました。

2012/ 6/12付 「ツンツン 二代目」

緑のつぶつぶ。これが秋になると真っ赤に実って、

12_0810_mamusi_g2.jpg

山の中に、枯れ枝に筋子を差して突き立てたみたいに見えて、ギョッとします。
今年は赤くなるまで見せてもらえるかな?



さらにもっと足元には…きゃー、元気だった?

12_0810_gen_shoko.jpg

かわいい葉っぱ、ゲンノショウコです。

2009/ 8/27付 「公園のゲンノショウコ」



こちらにはかわいいお花が咲いてます。夏が盛りをむかえると目立ってくる
キツネノマゴです。

12_0810_kitune_m.jpg

夏から秋にかけて咲く、キツネノマゴ科のちっちゃいお花のちっちゃい一番花。



これは春先にちっちゃい花を楽しんだ←コスミレと秋に咲くヤマジノホトトギス→。

12_0810_y_hoto_kosumi.jpg

夏のすみれは大きな葉っぱになるね。

2012/ 4/ 5付 「コスミレ開花」
2012/ 9/23付 「現の証拠と山路の杜鵑」


それからそろそろ、イヌタデかハナタデか 迷うような

12_0810_tade.jpg

タデの穂がたち初めて…。
嬉しいけれど悩み深いタデの奇麗な季節はもうちょっと先。


つる性植物としてはちょこっと変わってません?しゅっと伸びたのは

12_0810_hiyodori_j.jpg

朝顔似の葉っぱですが、これがなんとナス科のヒヨドリジョウゴです。

2011/11/19付 「ヒヨドリジョウゴについて」

長いこと、何の葉っぱか分かりませんでしたが、覚えてしまえばこっちのもの。
赤い実なるまで ここにあると良いけど。


それから、か細いツルだけど、結構したたかなスズメウリ。

12_0810_suzumeuri.jpg

細い巻きひげを出して、薄い葉っぱを広げます。
つるに下がる小さい瓜は白っぽい色をして、まさしくスズメの卵の様に見えます。



草むらでしゅっと茎を立てるのはメドハギ。

12_0810_medohagi.jpg

からむのはヤマノイモの蔓。
ことしはまだ、ヤマノイモの花を見ていないんですよね。
いつになるかな?

2011/ 9/25付 「メドハギたち」




ラストはオシロイバナ。

12_0810_osiroi_b.jpg

あ、ごめんなさい。咲いてませんね。
まだ咲いていないのは、おさんぽが早朝だからかな。オシロイバナは、夕方
咲く花ですからね。
それともまだつぼみだったかな。これからたくさん咲くでしょうから、ちゃんと
咲いてるところも写真に撮れるよう頑張ります。(^^)v





ブログ内関連ページ:

2012/ 6/12付 「ツンツン 二代目」
2009/ 8/27付 「公園のゲンノショウコ」
2005/12/ 6付 「キツネノマゴ」
2008/ 7/21付 「身近な薬草」
2012/ 4/ 5付 「コスミレ開花」
2012/ 9/23付 「現の証拠と山路の杜鵑」
2011/10/25付 「ノダケとハナタデ」
2011/11/19付 「ヒヨドリジョウゴについて」
2011/ 9/25付 「メドハギたち」




posted by はもよう at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。