2012年07月27日

ヤマノイモの葉

今年はどのくらい続くのかな。今日も危険なくらい暑かったです、うちの方も。
まあ、セミの声が賑やかでした。夏ですねえ。いやはや、どちら様もご無理なさい
ませんよう。

今日の記事も、7/21に隣町へ行ったときの写真。ここのところおきまりになった
コースをたどって、まっすぐに 公園裏の北向きの斜面へ。

12_0727_yamanoimo1.jpg

結構肌寒くて、ときおり小雨もぱらついていた日です。道ばたの草むらには
オニドコロと並んでヤマノイモの葉っぱも見られるようになりました。






今年はしみじみ実感しました。横長かな?縦長かな?出始めで対生の葉っぱがない
から、どっちか分からないなあ…なんて思っていたけれど、
早いうちに展開するのはみんなオニドコロの葉っぱなんだなあと。

12_0727_yamanoimo2.jpg

迷っているうちはたいていオニドコロ。ヤマノイモの葉は一足遅れて目立つんです
ね。見間違い無いようなヤマノイモの葉っぱが出るまでは、きっとみんなオニドコロ
なんだ。ウン、多分そう。←個人の感想です。

あ、ちなみに、下の2枚がオニドコロで、上の3枚がヤマノイモの葉っぱですよ。
ね、迷っていたのが嘘のように違う葉っぱでしょ。

2009/ 7/17付 「山の芋と鬼野老の花」

だから、ちょっと前の記事でヤマノイモの葉だって書いたのは間違いだな。
こっそり訂正しておかなくては。((((^^a)




ちなみに、この場所はとっても素敵な草むらで、足元を見ると…

12_0727_kusamura.jpg

一面にいろんな形の葉っぱが並んでいます。

2006/ 7/16付 「つるになる草」

で、そんな葉っぱの透き間に小さい虫が居たり、スギナがいっぱいに水玉を
つけて、キラキラしていたりします。

12_0727_sugina.jpg

見つけたうんとちっちゃい虫さんは後日ご紹介しますね。

ヤブガラシにヤブマメ…そして もみじみたいな葉っぱは…

12_0727_kanamugura.jpg

カナムグラです。

2005/ 9/18付 「カナムグラ」
2005/10/11付 「カナムグラのめばな」

つるの先が可愛いなあ。
でも、針金並みの強いつるで、あちこちはびこる嫌われ系のつる草です。
夏の盛りが過ぎた頃、ビールの香り付けに使うホップみたいな花や実が付きます。



道の反対側、斜面の裾からもいろんなつる草が顔を出してくれます。

葉っぱの裏が真っ白。これはエビヅル。

2010/ 8/17付 「クマヤナギとエビヅル」
2005/ 9/15付 「エビヅルの実」

12_0727_ebiduru.jpg

小さめのヤマブドウ。
とっても酸っぱいけれど、食べられない事はない実が付きます。

周りの草とは、ちょこっと違う緑色はサルトリイバラ。

2006/ 4/16付 「サルトリイバラの花」
2007/11/ 5付 「カマツカなど…」 サルトリイバラの赤い実

12_0727_sarutori_i.jpg

透き通るようなお花のあとはむっちりした赤い実がたくさん実ります。
クリスマスの頃、花材としてお花屋さんに売られていたりします。
最近、身近では数が減っています。実まで見られると良いな。




でもって、うっかりどこから逃げてきたニゲラにも、3年ぶりに再会。

2009/ 6/ 1付 「オオカモメヅルなど」 草むらのニゲラ

12_0727_nigella.jpg

相変わらず、めっちゃちいさかったけれど、青い色の深さは増してました。



オニドコロかヤマノイモかさんざん迷ったけれど、
だから、こっちはオニドコロなんですね。

12_0727_onidokoro1.jpg

ご一緒しているのはカラスウリ。

2010/ 7/31付 「実家のカラスウリ」
2010/12/13付 「秋惜しみの道草」 赤いカラスウリの実

暗めの緑で、ツヤ消しの葉っぱです。

12_0727_onidokoro2.jpg

この時期オニドコロの特徴は派手な花の穂。
カラスウリはコイルみたいにくるくるの巻きひげ。
レースみたいな白い花を見られるのはたいてい暗くなってからです。
ここはちょっと遠くて、夜…見に来られるかな?



7/17の記事でご紹介した ヤマユリのつぼみ。

2012/ 7/17付 「ヤマユリのつぼみ」

しかも こんなにいっぱい付いているぞ☆バージョンですが、
7/21の段階で、やっと3つ咲きました。

12_0727_yamayuri.jpg

落ち着いてつぼみの数を数えてみました。13コありました。
あ、ただし根元は2本。ふた株でつぼみ13コ。
さあ、いくつまで見ることが出来るかな。





ブログ内関連ページ:

2011/ 7/17付 「ヤマユリのつぼみ」

2005/ 9/18付 「カナムグラ」
2005/10/11付 「カナムグラのめばな」
2006/ 7/16付 「つるになる草」
2009/ 7/17付 「山の芋と鬼野老の花」
2008/ 9/30付 「ヤブマメと雀瓜」
2010/ 8/17付 「クマヤナギとエビヅル」
2005/ 9/15付 「エビヅルの実」
2006/ 4/16付 「サルトリイバラの花」
2007/11/ 5付 「カマツカなど…」 サルトリイバラの赤い実
2009/ 6/ 1付 「オオカモメヅルなど」 草むらのニゲラ
2010/ 7/31付 「実家のカラスウリ」
2010/12/13付 「秋惜しみの道草」 赤いカラスウリの実






posted by はもよう at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。