2012年07月20日

草むら探索

昨日、全国的に猛暑日になったとは思えないほど気温が下がりましたね。
急に10℃も気温が下がって、動き始めたばかりの夏虫さんたち、どうして
いるかなあ。しかも、夜はかなりの強い雨。梅雨明け宣言しちゃったのは
早かったのかなあ?

さて、ヤマユリが見たくて飛んでいった7/11の隣町。
ヤマユリの花はひと株だけ見られたけれど、あとはつぼみのまま。
ヒヨドリバナも…

12_0720_hiyodori_b1.jpg

まだ咲いていない株が多いなあ。草むらの他の所はどうなって居るんでしょ。
ちょっと見てきますね。







咲いている花がない訳じゃないんですが、

12_0720_hiyodori_b2.jpg

近くのつぼみはみんな堅いかなあ。



お気に入りの観察スポット北向きの斜面に通うようになってもう何年かな。
草むらを眺めていても、おなじみの葉っぱが多いです。

この辺にはコボタンヅルとカキドオシ…かな。

12_0720_mugura1.jpg

3枚ひと組の葉っぱはたぶん…ヌスビトハギ。

12_0720_nusubito_h.jpg

ほら、こんな風に花の穂をもたげてきました。

ヌスビトハギの根元にはノブドウ。

12_0720_mugura2.jpg

葉っぱの切れ込みが深いキレハノブドウかもしれません。


こっちで猛烈に絡まり合っているのはオニドコロとアオツヅラフジ。

12_0720_mugura3.jpg

ヒメジョオンのお花も見えますね。



こっちの茂みにはムチのような細い花の穂が出そろいました。

12_0720_mizuhiki1.jpg

ミズヒキです。

赤い穂を見つけて、お花が咲いているのかな?

12_0720_mizuhiki2.jpg

確認の接写です。

12_0720_mizuhiki3.jpg

うん、上半分が赤くて、下半分が白いミズヒキの花 確認です。
これから秋まで咲き続けます。



木の陰が濃すぎて、草の葉が減る茂みの奥の方、遠くに小さい花を見つけ
ました。

12_0720_janohige1.jpg

オオバジャノヒゲ、ヒメヤブランに続いて 咲き始めた小さなジャノヒゲです。

手前にあった株はあっちを向いちゃってましたが、精一杯の拡大で載せて
おきます。

12_0720_janohige2.jpg

くるぶしの高さくらいまでの小さな草ですが、精一杯背伸びのお花。
冬が来る前にとびきり奇麗な青い実になってくれる予定です。



7/11の写真、まだあるんです。今度はお花を中心にご紹介しますね。







posted by はもよう at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。